無職の治験講座

必須アイテム!治験中に病院でネット(WiFi)を使う方法

こんばんは
そろそろ治験に行きたい

無職のうさぎたんです。

 

治験で入院中は、とても暇です。
この暇を解消する強力なアイテムはネットです。
ネットが繋がらないと正直かなりきついです。

今回は、私が実践している治験中に病院でモバイルルータを利用してネットを利用する方法を紹介します。

 

f:id:tusagi:20180724230321p:plain

 

病院のWi-Fiは弱いのでおすすめしない。

最初に言っておきたいことがあります。 

治験の病院の中には、WiFiが完備されているところもあります。
しかし、病院が用意しているWiFiは、遅すぎて使えないところがほとんどだと考えたほうがいいです。
というのも、治験中は、10人以上他の被験者も参加していて、みんなそのWiFiの電波を利用するので、かなり遅くなります。

ひどい病院は、全くつながらないといっていいほど使えません。

なので、もし、Wi-Fiが使えると言っている病院でも、自分で用意したモバイルルータを持参したほうがいいです。

 

Try WiMAXを利用する。

1番、お金がかからないのは、Try WiMAXを利用する方法です。
Try WiMAXとは、UQコミュニケーションズが提供している「QU WiMAX」のモバイルルータをお試しで10日間程度利用できるサービスです。

Try WiMAXは以下のサイトで申し込むことができます。

www.uqwimax.jp

 

 

 

Try WiMAXのメリット。

・完全に無料で利用することができる。
・速度が割と早い。

 

Try WiMAXのデメリット。

・到着するまで時間がかかる場合がある。
・クレカがないと申し込めない。*1
・10日間くらいしか利用できない。
・3日間で10GB使うと速度制限がある。

・室内だと電波が弱まる可能性がある。

 

申し込む時には条件があります。

* 日本国内に在住の20歳以上の方
* お申し込み者ご本人様名義のクレジットカードをご登録いただける方
* 過去180日間以内に本サービスのご利用履歴がない方、また貸出機器の未返却履歴のない方
* その他、本サービス利用規約に同意いただける方

引用:

Try WiMAX|UQ WiMAX|超高速モバイルインターネットWiMAX2+

 

このほかにも、開通コードを送信知るためにSMSか携帯のメールアドレスが必要になります。

クレジットカードを持っていない人は、これをにクレジットカードを作っておいたほうがいいでしょう。
ちなみに、クレジットカードは、楽天ポイントが溜まる楽天カードがオススメです。

 

楽天カードの申込みはこちらから。
「年会費無料!新規入会でもれなく楽天スーパーポイントがもらえる」

 

 

エリアは公式サイトから確認できます。

www.uqwimax.jp

病院の住所を元に対応しているエリアなのか調べたほうがいいです。

ルータが到着するまでに申し込みをしてから場合によっては、3日くらいかかるようです。
事前検査の合格通知が来るのが入院日の1〜4日前くらいだと下手をすると間に合わない可能性があります。
もしも、間に合わなさそうであれば、病院に直接ルータを送って受け取れるか病院に確認したほうがいいです。

 

また、このtryWiMAXは、公式ページでは、15日間無料でお試しと謳っていますが、機器を発送してから、返送するまでの期間が15日間ということです。

実際には、10日間ほどしか利用できません。

治験は、だいたい2泊3日×2など、2週間で2回分けてやることが多いので、全ての期間このtryWiMAXを利用するのは難しそうです。*2

 

モバイルルータをレンタルする。

モバイルルータをレンタルしている業者があるのでそちらを利用します。
モバイルルータは、楽天市場などでレンタルすることができます。

メリット

・利用する期間を自由に決めることができる。
・申し込みをすればかなり早く届く。
・ポケットWiFiやWiMAXなど好きなルータを選ぶことができる。

 

デメリット

・費用が1万円近くかかる。
・期限を過ぎると延滞金を取られる可能性がある。

 

 利用する期間は悩みどころです。 

2泊3日×2など入院日が2回に分かれていた場合、レンタル期間は分けずに2週間にしたほうがお得になることが多いです。

機種は、端末の速度制限を参考にして選んだほうがいいです。

機種は、大容量通知できるWiMAXかSoftBankをおすすめします。

 

Wi-Fiのレンタルはこちらがおすすめです。

日本国内用のWiFiレンタルなら【WiFiレンタル本舗】

 

スマホのテザリング機能を利用する。

スマホのテザリング機能を利用する方法です。

 

テザリングとは
外出先でもスマートフォンをアクセスポイント(親機)として、パソコンやゲーム機器などさまざまな外部機器(子機)をネットにつないで楽しめます。利用シーンに応じて最適なテザリング方法をお選びください。

引用:テザリングとは | サービス・機能 | NTTドコモ

 

メリット

・スマホで契約した端末を利用して気軽にネットをすることができる。

 

デメリット

・契約したデータ通信容量をすぐにオーバーしてしまう可能性がある。

 

 

 

au,softbank,docomoの3大キャリアか格安SIMで契約した端末で使います。

このテザリングですが契約内容や端末によって使えたり使えなかったりします。

お使いの端末で使えるか調べたほうがいいです。

また、格安SIMは、速度が非常に遅くなる可能性が高いので、どのくらい回線の速度が出るのか調べたほうがいいです。

 

注意点として、テザリングを使ってPCでネットをする場合、すぐにデータ通信容量をオーバーしてしまう可能性が非常に高いです。

もし、8GBなどスマホで使うための容量しか契約したいない場合、すぐに容量を使い切ってしまいます。

最近では、SoftBankのウルトラギガモンスターなど、月に50GBと大容量に使えるプランもあるので、これを機会に大容量のデータ通信ができるプランに変更してみるのも手だと思います。

 

モバイルルータを契約する。

治験期間中だけでなく、外でネットを使いたい機会が多い人は、モバイルルータを契約することをお勧めします。
ちなみに、WiMAXの場合、月々約4000円程度で利用できます。

もしも、治験以外でも外でネットを使いたい人はこれを機会にモバイルルータを契約するのも手だと思います。


 

メリット

・いつでも外でネットを使うことができる。

 

デメリット

・月額料金が4000円程度かかる。

・縛りがあるので、やめようとすると違約金がかかる。

 

WiMAXは、UQモバイルで契約できます。

PCもタブレットも外出先で快適ネット!【WiMAX2+】

 

 

こちらの記事もおすすめです。

 

blog.gyakushu.net

 

 

blog.gyakushu.net

 

 

blog.gyakushu.net

 

*1:書面だと申し込みでデビットカードでも申し込めます

*2:多少遅れても違約金などは請求されないようです。ただし、遅れる場合は自己責任でお願いします。