派遣社員

底辺派遣社員ですが、クソみたいなシェアハウスから引っ越そうか真剣に悩んでます。

こんばんは

ただの日記

派遣社員のうさぎたんです。

 

 最近、シェアハウスを引っ越そうか悩んでます。

このシェアハウスに引っ越して半年位経ちますが、シェアハウスの生活が苦痛すぎるからです。

しかし、私は派遣社員で収入はあまりなく、交通費も出ないのでのでなかなか引っ越せません。

そんな悩みを今回は紹介します。

f:id:tusagi:20181125004814p:plain

目次

 

今のシェアハウスの何がクソなのか?

私のことを知らない人のために今住んでいるシェアハウスの何がクソなのか改めて解説します。

このブログでは何度も紹介しているので、もう知っているという方は読み飛ばしていただいて構いません。

 

・シェアハウスのルールはなく家主の家のルールに支配されている。

私のシェアハウス、私と家主の家族だけが住んでいます。

このシェアハウスには、ルールといったものが全くありません。

ルールがないことは、いいように聞こえるかもしれません。

しかし、家主とその家族たちは、普通のシェアハウスではありえないような運用をしています。

シェアハウスの場合、住居者は皆対等な立場だと思うのですがこのシェアハウスは違います。

居候にかなり近く、家主自身シェアハウス=居候だと本気で思っている疑惑があります。

シェアハウスのルールではなく自分たち家族の勝手な都合で決めたその家のルールを適用しています。

それは、以下のとおりです。

・玄関に靴が投げっぱなし。

・人の傘を勝手に使う。

・人に洗濯用洗剤を勝手に使う。

・脱衣所と風呂場に大量の洗濯物を干している事がある。

・洗濯機の前に大量の洗濯物が干してあって洗濯機の扉が開かない。

・キッチン、リビング、冷蔵庫が圧力によって使えない。

・キッチンに洗い終わっていない食器が放置されている。

・洗濯機の中に洗濯物が放置されていることがある。

・ポストはなく、勝手に私宛の手紙が玄関の棚においてある。

・ポストを開けることができない。

・家主の家族や親戚がこちらに許可なく泊まっていることがしょっちゅうある。

・玄関の前にNHK撃退シールを貼っている。

・いびきがうるさい。

・朝の「ゲーーー」の音がうるさい。

・最近、家主の家族がもう一人住んでる?っぽい。(特に報告などなし)

 

・お風呂とトイレと洗濯機が使えるタイミングがかなり限定されている。

このシェアハウスですが、脱衣所にお風呂とトイレと洗濯機があるので、使えるタイミングがかなり限定されています。

例えば、誰かが、脱衣所を使っているとお風呂とトイレが使えません。

私は家主と家の中で遭遇するのが嫌すぎるので、トイレに行くたびにすごく憂鬱な気持ちになります。

 

特に朝の時間帯は、ほぼほぼ使えません。

朝、どうしてもトイレに行きたくなったときは、近所の公園でしています。

最近では、公園に行くのもめんどくさくなったのでペットボトルにするようになりました。

 

・高圧的な人。

話し合えばいいとアドバイスくれる方もいますが、家主は、会社の役員をしているせいかすごく高圧的な人なので話し合う余地がありません。

50~60歳くらいの団塊の世代の人です。

しかも、私に会うたびに、「宅配便はいる時間に指定しろ」だとか、「洗剤は自分が用意したのをちゃんと使っているのか」とか言ってくるので、最近では、顔すら合わせたくありません。

そして、この家主は、なぜシェアハウスを始めたかというと、空き部屋をお金に変えたいというかなりセコい発想をしているので、シェアハウスを真面目に運用するというモチベーションはかなり低いです。

 

クソみたいなシェアハウスに引っ越した結果、ストレスが半端ない。

住む場所は、くつろげる場所で自分の居場所といってもいいくらい重要です。

私はそのことをかなり軽視していました。

仕事に帰ってもこのシェアハウスは自分の居場所ではないため常にストレスと戦っているような状況です。

特にせっかくの休みの土日でも憂鬱な気持ちになります。

基本的に家主は土日家にいるので、とても気を使います。

家主に会うのが嫌すぎるので、トイレに行ったりお風呂に行くのもかなりストレスが貯まります。

 

シェアハウスに引っ越したのは派遣の仕事が原因。

シェアハウスに引っ越した原因は、派遣の仕事です。

派遣で仕事を探すとき、営業の人が、交通費を全く考えずに今の仕事を紹介したことが発端です。

ちなみに今のシェアハウスに引っ越す前までは交通費が月18,000円くらいかかってました。

当たり前ですが派遣社員に交通費などでません。

通勤時間も片道1時間半です。

働き始めえる前はこれが普通なのか?と思っていましたが、働き始めると、私くらい遠くにから来ている人は誰一人としていませんでした。

そして、毎日、高い交通費を払って、長時間の電車通勤はかなり苦痛に感じるようになってきました。

流石にバカバカしいを思った私は引っ越しすることを決意します。

引越し先を探しましたが引越しシーズンだけあって、法人が経営している職場から近いシェアハウスは、ほとんど満室になっていました。

仕方なく、個人場募集している怪しいシェアハウスを探すことになります。

 

引っ越すなら仕事もやめたい。

今の職場は、東京の一等地なので近くに住むとしたら家賃がべらぼうに高いです。

仮に一人暮らしするとしたら、ワンルームで7~10万円くらいかかります。

もちろん、敷金とか仲介手数料とかもかかってくるので、引っ越すだけでも相当な金が必要です。

それに、家具家電一式揃えないといけないのでおそらく初期費用は最低でも30万~40万円くらいはかかるのではないでしょうか。

 

派遣の仕事は交通費が出ないので、できるだけ職場から近いところに住むのが理想です。

今やっている派遣の仕事は、誰でもできるような雑用みたいなものなので、別に今の職場である必要は全くありません。

つまり、シェアハウスと職場はセットになっています。

なので、住みやすそうな物件を探して引っ越してから、仕事を辞めて新しい職場を決めるのが合理的です。

東京には山のように求人があるのでおそらくすぐに同じような仕事は見つかると思います。

 

まとめ、住む場所と仕事選びは慎重に。

仕事選びに失敗した私は、シェアハウス選びにも失敗しました。

何かで失敗して、それを補おうとすると更に失敗をして状況が悪化しました。

(そういうことわざがありそうですが思い浮かばなかったので誰か教えてください。)

仕事選びと住居選びに失敗すると精神的に病んだり、貧困に陥ったりします。

仕事選びと住居選びはすごく重要なことなので次回からは慎重にしたいと思いおます。