未分類

【トラブル】メルカリで7万円のカメラ売れたけど、購入者が壊れてるとか言い出した件。

こんばんは

鬱。

無職のうさぎたんです。

 

最近、話題のメルカリで初めて出品してみました。

ヤフオクは、10年くらい使い続けていたのですがメルカリで出品するのはこれが初めてです。

7万円くらいのカメラを出品しました。

 

出品してから6時間くらいで購入されました。

さすが話題のメルカリ、こんなに早く売れるとは思っていませんでした。

しかし、大きなトラブルにみまわれることになります。

 

f:id:tusagi:20181201225554p:plain

目次

 

片言の日本語で画面が壊れているとか言い出す。

商品が届いたら、片言の日本語で画面が壊れていると言い出しました。

画面の4分の1が黒くなっていると言い出したのです。

しかも、すごい片言の日本語で。

どうやら、日本人ではないようです。

ちなみに、メルカリは受取評価をしないと、入金されないシステムになっています。

 

ヤフオクは、10年くらいやっていますが、商品が届いて壊れていたと言われたことは一度もないです。

 

その人は、評価は7くらいで1つ悪い評価がついていました。

 

考えられるのは2点。

考えられるのは、2点です。

本当に壊れているのか、壊れていると嘘をついているかです。

 

発送する前は、正常に動作していたので、本当に壊れていた場合は、運送中に壊れた可能性があります。

私は、運送中に壊れた可能性があるので運送会社に問い合わせてくださいと言いました。

すると、「ボディが割れているので運送会社のせいじゃない」と言い出しました。

ボディが割れているというのはどういう状態なのかよくわかりません。

 

返品に応じた場合は、送ったものとは別の壊れている商品が送られてくる可能性もあるのでやらないほうがいいです。

 

新規だから舐められてる可能性。

私は、新規で取引歴が全くない状態でした。

新規なので、強く言えば返金してもらえると思っている可能性があります。

もしかしたら、メルカリの運営側も新規=怪しいやつだと判断されるかもしれません。

わかりやすく言うと、舐められてる可能性があります。

 

メルカリは購入者を選べない。

メルカリは、ブロックしない限り、購入者を選べません。

購入した時点で、取引する権利が発生するのでどんな相手でも取引しなければいけないのです。

誰が購入するかわからないので、取引したくない相手を予めブロックするのは、非常に困難です。

 

しかも、取引相手の名前が誰で住所がどこで電話番号がどことか取引している相手の素性が一切わかりません。

いくら気軽に出品できるサービスとはいえ、金銭が発生している取引なので素性がわからない人と取引するのはどうなんだろうと思ってしまいました。

 

ヤフオクの場合は、どうなるのか?

もしも、ヤフオクでこのようなことが起こった場合どうなるのか?

基本的にヤフオクの運営は取引のトラブルには、一切関与しません。

ヤフオクでも受取連絡しなければ入金されない仕組みはありますが、これは荷物が届かなかったときのみに解決するも問題で、商品が壊れたいたと言い出した場合でも、入金される運用なっていると思われます。

 

これは当たり前の話で、壊れていたと嘘を付くことも可能で、どっちが正しいかなんてヤフオクが決められないからです。

 

メルカリはどうなるのか。

「問い合わせしてください」くらいで、実際どのような運用になっているのか調べてもよくわかりませんでした。

 

今、メルカリに問い合わせ中でどのようになるかわかりません。

問題が解決してお互いが納得しない限り入金しないという私にとって不利な選択をしてくるような気がします。

 

このようなことは、メルカリで結構あるみたいです。

調べたところ、メルカリでこのようなことは結構あるみたいです。

メルカリボックス-壊れていないものを壊れていたと言われたら

メルカリボックス-購入者から壊れていたと言われました(>_<)

 

メルカリってやっぱり怖いわ。

私は、メルカリをやる前まで、すごくトラブルが多くて、怖いイメージでした。

実際やってみるとまさにそのとおりでした。

 

メルカリで高価なものや精密機械は、売らないほうがいいです。

メルカリは、このような個人間の売買の経験が浅い人が多いので、トラブルになりやすいです。

特に、精密機械なんかは、壊れていたとかなんとでも言えます。

しかも、メルカリは、購入者の名前や連絡先がわからない上、出品者は購入者を選ぶことができません。

本当に不用品になった洋服とか本とか数百円~数千円のものだけを取引したほうがいいです。

 

メルカリというサービス自体も、歴史が浅いので、納得の行かない運用をしてくる可能性もあると感じました。

今後、この取引について進展がありましたら記事にしていきたいと思います。