シェアハウス

都内の派遣社員は、一人暮らしよりシェアハウスの引っ越しをおすすめしたい。

こんばんは

現代の遊牧民

無職のうさぎたんです。

 

最近、派遣の仕事で働き始めました。

 

blog.gyakushu.net

 

 

覚悟はしていたのですが、職場めっちゃ遠いです。

職場が遠すぎて引っ越したい派遣社員の方は、多くいるのではないでしょうか。

 

職場が遠いと交通費ももちろんかかります。

ちなみに、私は、交通費は、定期で1ヶ月、2万円近くかかっています。

そのため、引っ越したいのですが、引っ越すためにはかなりの費用が必要です。

派遣社員は、給料が低いことが多いので、引っ越しをためらう方も多いと思います。

そんな方にはシェアハウスをおすすめしたいです。

 

f:id:tusagi:20171224051512p:plain

 

目次

 

派遣社員の現状。

私は、今、都内で派遣社員の仕事をしています。

派遣の仕事は都内でないと時給が高い求人がないので都内で派遣社員をやられている方は多いと思います。

 

一人暮らしをすると、住居費がかなりかかってきます。

そもそも、派遣社員は給料が低いので給料のうちの住居費の割合は、高くなる傾向にあります。

 

派遣社員の交通費は自費です。

できたら職場に近い場所に住むのが理想です。

派遣社員は派遣切りで転職活動を余儀なくされ職場が変わるリスクがあります。

 

派遣社員にとって、交通費と住居費を抑えることはかなり重要になってきます。

 

シェアハウスだと居住費をかなり低く抑えることができる。

私は今現在、シェアハウスに住んでいます。

独身で都内近辺の派遣社員の方は、断然シェアハウスをおすすめします。

シェアハウス、初期費用も含め居住費用がかなり低く抑える事ができるからです。

 

シェアハウスとは何なのか?

まず、シェアハウスを知らない方のためにシェアハウスとは何なのかわかりやすく説明します。

シェアハウスとは、個人の部屋があって、キッチン、風呂、トイレは共有だと思ってもらえるとわかりやすいです。(ドミトリーを除く)

ちゃんと個室が用意されているので、一人暮らしするのと大差はないです。

 

安い初期費用で引っ越せる。

シェアハウスは、安い初期費用で引っ越せます。

シェアハウスにもよりますが、初期費用は、10万円前後(引越し代、敷金など、契約に必要なお金もすべて含める)もあれば、引っ越せる場合が多いです。

安い初期費用で引っ越せるということは、職場が変われば職場に近いシェアハウスに気軽に引っ越す事ができます。 

 

シェアハウスは、洗濯機や冷蔵庫、ベッド、エアコンなど生活に必要なものは、備え付けがあるので用意する必要がない物件がほとんどです。

インターネットも部屋に備え付けてあるので自分で契約する必要もありません。

これが仮に、一人暮らしをする場合、一通り揃えなければいけないので、費用がかなりかかってしまいます。

 

家賃もシェアハウスのほうが安い。

月の家賃も、一人暮らしの物件と比べ安く設定されています。

契約更新料もシェアハウスにもよりますが、一人暮らしの物件よりも安めの設定の場合が多いです。

 

電気代やガス代、ネット代は、共益費と呼ばれ、月に15,000万円前後徴収される場合が多いです。

共益費を払えば電気代、ガス代、ネットは、使い放題のところが多いです。

一人暮らしだと、電気代、ガス代、ネット代は、もっと掛かるケースが結構あると思います。

毎月、電気代とかガス代とか気にする必要がないのがいいです。

 

トータルで考えると私の実感ですが、一人暮らしするよりも、賃貸は、3割くらい安く感じます。

 

シェアハウスは、友達を作らなくても大丈夫。

シェアハウスというと、テラスハウスというドラマをイメージされている方も多いと思います。

そのためか、コミュ力がない人だったり、一人のプレイベートな時間がほしい方は、シェアハウスを敬遠してしまっている方も多いです。

 

そんな方でも心配はいりません。

シェアハウスは、別に友達を作らなくても大丈夫です。

現に、私も、3年間シェアハウスに住んでいますが、友達とよべる人は、一人もいません。

たまに、飲み会とかに誘われることもありますが一切断ってます。

私は、人間関係がもつれて住みにくくなるリスクを回避するためにあえて、仲良くなることを避けています。

 

シェアハウスで別に友達を作りたくなければ作らなくても生活する上で何も問題は起きません。

最低限のコミュニケーションとして、会ったときに挨拶をしていさえすれば問題ないです。

逆に友達を作りたい人も作ればいいと思います。

 

シェアハウスの物件によって特徴もあります。

友達を作りたくない人は、社会人の多いシェアハウスを選んだほうがいいです。

社会人の多いシェアハウスは皆生活リズムが違っているので、共有スペースに集うことが少ないです。

逆に、学生中心のところは、避けが方がいいでしょう。

 

また、大人数が住むシェアハウスだと人の入れ替わりも激しいので、誰が引っ越してきて誰がいなくなったかも把握していないので、友達を作りたくない人は、向いていると思います。

 

共有部分については定期的に掃除をしてくれる。

シェアハウスは、共有部分については定期的に掃除をしてくれるところが多いです。

これが非常にラクです。

清掃会社が掃除をしてくれるのでかなりキレイです。

もちろん、一人暮らしの場合、キッチン、トイレ、風呂は、自分で掃除しなければいけないのです。 

 

デメリットももちろんある。 

シェアハウスのデメリットはもちろんあります。

 

一番のデメリットは、ルール違反者によるストレス!

一番のデメリットは住人のマナー・ルール違反によるストレスです。

シェアハウスには、マナー悪い人が一定数います。

例えば、騒音が酷かったり、共有スペースに私物を放置していたりするなどです。

ルールを違反しているのをみると

自分は気をつけているのに、なんでこいつは、守らないんだ!

というような気持ちになってきます。

これが日常茶飯事で起こってくると、じわじわとストレスに感じてきます。

当ブログでもそのことについては何度も記事にしてきました。

 

blog.gyakushu.net

 

 

blog.gyakushu.net

 

 

ルール違反者に対して、シェアハウスの管理会社がどのような対応をとっているのかは非常に重要です。

悪質なルール違反者に対しては、契約を更新しないという管理会社が一番良いです。

内覧時に、ルール違反者に対してどのような処置を行っているかも確認した方がいいです。

 

また、ルール違反をしている住人がいるかどうかはシェアハウスを内覧する時に、ある程度、わかります。

そのポイントについては以下の記事で解説しています。

 

blog.gyakushu.net

 

 シャワー、トイレ、キッチンが好きなときに使えないことがある。

2番目のデメリットは、シャワー、トイレ、キッチン、洗濯機が好きなときに使えないことです。

特に、朝、シャワーとトイレが混雑して使えないことが多いです。

朝、仕事で家を出る時、ギリギリにシャワーに入るとかは、できないと思ったほうがいいです。

これは、なるべくかぶらないような時間帯を狙って利用するなどの工夫が必要です。 

物件によって、シャワー室、トイレ、洗濯機の数など違ってくるのでできるだけ多く用意されているシェアハウスを選んだ方がいいです。

 

私は、次も、シェアハウスに引っ越したい。

シェアハウスのデメリットとメリットを天秤にかけて、メリットが大きいと思ったらシェアハウスにすればいいです。

私は、断然シェアハウスのメリットのほうが大きいと感じています。

 

お金に余裕がない苦しみ>>>>シェアハウスのストレス

 

だからです。

派遣社員の給料で一人暮らしをするとなると、お金がカツカツでかなり余裕がなくなります。

その余裕がないことによって生まれるストレスは、シェアハウスのストレスを遥かに上回ります。

 

なので、私は都内の派遣社員で働いている人には、シェアハウスを断然おすすめしたいです。

ただし、性格によって、シェアハウスには向いていない人もいると思うので、自分の性格を考えてどちらにするか決めたほうがいいでしょう。