30歳からの敗者復活戦

気になるニュースから、お金の稼ぎ方まで。30歳で派遣を首になった無職が独自の視点で語ります。

ワコムINTUOSのCTL-490購入レビュー。初心者はペンタブの慣れが必要。

スポンサードリンク

こんばんは

イラストレーターデビューしました。

無職のうさぎたんです。

 

ワコムのペンタブCTL-490を購入しました!

f:id:tusagi:20170123203003j:plain

 

私は以前、SurfacePro2を使っていました。

SurfacePro2、資金難により売却してしまったのでペンタブを購入することにしました。

ペンタブについてはよくわからないので価格.comで1位のものを購入することにしました。

 

 

一時期Amazonが一番安かったのですが値上がりしてますね。

私が購入したときは、6,754円で購入できました。

 

SurfacePro2とはぜんぜん違う!

私は今回ペンタブを購入するのがはじめてです。

なので他のペンタブと比較はできないです。

 

ちなみに私は以前は、SurfacePro2を使ってました。

 

私はiMacを使っているのですが流石にUSBにつなげるだけでは使えませんでした。

ドライブをインストール必要があります。

以下のURLからインストールできます。

Wacom|ドライバダウンロード

内容物はこんな感じです。

f:id:tusagi:20170123203433j:plain

本体とペンと説明書とドライバCD-ROMがありました。

iMacですとCDドライブがついていないのですが、ワコムの公式サイトからドライバがダウンロードできます。

Wacom|ドライバダウンロード 

 

使ってみた感想ですが、すごく癖があります。

ペンタブは慣れが必要です。

これは予想外でした。

実際に描いてみたものがこちらです。

f:id:tusagi:20170123204409j:plain

すごく下手になってる気がする・・・。

 

ちなみに、SurfacePro2は、紙に描く要領で絵がかけました。

f:id:tusagi:20170123202741j:plain

 

ペンタブは他と比べたことがないのでなんとも言えませんがこういうものなのだと思います。

f:id:tusagi:20170123204633j:plain

 

ペンタブに慣れていない人は、SurfaceProやiPad Proのほうがはるかに使いやすいと思います。

SurfaceProやiPad Proは液晶に向かってペンをなぞる事ができるので描きやすかったんですね。

それと比べペンタブは、思ったところに筆がいかないので最初のうちは非常に描きにくいです。

多分、ペンタブというのはこのようなもので、他のペンタブも変わらないと思います。

紙と変わらない感覚で描きたい人は、SurfaceProやiPadProをおすすめしたいです。

f:id:tusagi:20170123204507j:plain

こちらの記事もどうぞ。 

blog.gyakushu.net