30歳からの敗者復活戦

気になるニュースから、お金の稼ぎ方まで。30歳で派遣を首になった無職が独自の視点で語ります。

都内一人暮らしで派遣切りにあってお金がないときどうすればいい?

スポンサードリンク

おはよう。

無職でもなんとか生きてる

無職のうさぎたんです。

 

私は、現在、無職です。

しかし、半年前は、時給1,200円の派遣社員をやっていました。

派遣切りされてしまいました。

 

派遣という仕事は、一人暮らしするためのギリギリの給料しかもらえません。

一人暮らしで、派遣切りされるとかなりきつい状況に追い込まれます。

 

私もまさにそのような状況でした。

貯金は、10万円しかない状態。

絶体絶命です。

しかし、派遣切りされて半年経った今も無職でなんとか生きてます。

派遣切りされ、無職になりそうでお金がないときどうすればいいのか?

 

私が実践したことや、やっておいたほうが良かったことを紹介します。

Business.

 

不用品をとにかく売る。

いらないものがあればとにかく売ってください。

売り先は、ヤフオクがおすすめです。

自分では価値がないと思うようなものでも

意外と高値でやり取りされている可能性があります。

 

商品の価値はヤフオクの落札相場を参考にしてください。

オークファンやヤフオク公式サイトから調べられます。

ヤフオク公式サイトの方が、サイトが軽いので調べるのにはおすすめです。

 

auctions.yahoo.co.jp

 

aucfan.com


私は、不用品ではなく若干必要なものでしたが

デジカメやノートパソコンを売りました。 

 

有給を消化しきる。

もしまだ退職前で

有給が残っているのであれば必ず、消化しきってください。

私が勤めていた派遣会社は積極的に有給をとらせてくれました。

派遣切りされた場合は、有給は使いやすいと思います。

 

ただ、有給が使えない会社もあるそうです。

しかし、有給は、法的に定められている労働者の権利です。

有給が使えないということは存在しないのです。

派遣切りで切羽詰まっている状況であればなおさら使うべきです。

 

もし使えないのであれば労働監督署に相談してください。

仮に10日間有給があって使わなかった場合、1日1万円の労働価値だとしたら

10万円損をしていることになります。

更に、有給中は、別のことができるので10日間の有給は20万円くらいの価値があります。

使わないのはとてももったいないです。

 

治験に参加する。

治験に参加すると、10〜50万円くらいのお金がもらえます。

治験とは、新しく発売される薬を試験するバイトみたいなものです。

 

できたら有給中に参加することをおすすめします。

退職後だと失業保険の関係で

収入は報告しなければ行けない場合もあるのでとてもめんどくさいです。

ただし、仮に報告しなくても治験の収入まで、本当に把握できるのかというのは怪しい気がします。

しかし、何があるかわからないので有給中に治験参加するのが一番おすすめです。

 

ここで注意が必要で

治験は、健康診断を受けて結果が良くないと参加できません。

必ずしも申し込んだらといってお金がもらえるというわけではないのです。

また、体重や年齢など条件があるのでその条件と合致している必要があります。

治験は都内でやっていることが多いので地方の方は難しいと思います。

 

治験の流れはこうです。

健康診断→合格通知→治験参加→協力費の受け取り

この流れで実際にお金がもらえるまでは

約1ヶ月くらいはかかります。

 

健康診断の日は平日が多いです。

もしその日、仕事があるのだとしたらズル休みしてください。

派遣切りされ、今まで都合よく使われた身です。

会社のことは考えず自分の保身を優先してください。

 

クレジットカードを作る。

もしまだ、退職していないのであれば、

クレジットカードは絶対に作っておいたほうがいいです。

クレジットカードはいざとなったときにとても便利です。

それに、無職になると審査はかなり通りにくくなってしまうので作っておくべきです。

残念ながら私は、退職前に申し込みしたのですが審査に落ちてしまいました。

このように審査に通るかわかりませんが申し込んでみても特にリスクはないの

でやったほうがいいです。

また、クレジットカードを作ることによってかなりおいしい特典がもらえます。

個人的には、特典が高い楽天カードがおすすめです。 

 

クレジットカードの余っている枠を現金に変える。

家賃や、クレジットカードの支払など現金が必要な場面はきっとあるでしょう。

そういうときは、クレジットカードで余っている枠を現金に変える方法があります。

この方法は、一時しのぎでしかならず根本的な解決方法にはならないのでご注意ください。

 

 

また、このような怪しい商売をしている業者もいますが

危険なので絶対使わないでください。

 

私が行っている方法は、ネットで特売されている商品を探し出してクレジット決済をして

ヤフオクに流すという方法です。

この方法だと仕入れて現金が受け取れるまで最短10日間ぐらいはかかります。

 

特価情報をまとめてくれているサイトはいくつもあります。

こういうのとか。

 

tokkasai.com

 

 

このような特価情報とヤフオクの落札価格を比較して、

ヤフオクで高く売れそうであれば購入します。

ヤフオクは、手数料8%とられてしまうのでそれも計算に入れて購入してください。

ヤマダ電機などのリアル店舗を回るのもいいかもしれません。

 

稀にAmazonマーケットプレイスで販売されている中古商品のほうがヤフオクよりも安い場合があります。

Amazon

他にも中古品を売っているサイトもあるので色々探してください。

ただし、詐欺サイトもあるので極端に安い商品などは、注意してください。

みたこともないような名前のサイトでしたらそのサイト名をグーグルで検索しておくのをおすすめします。

 

なかなかヤフオクよりも安い商品はないのでかなり根気強く探す必要があります。

 

しかし、もし、いい商品であれば転売で儲けることも可能です。

私は、転売のノウハウがかなりあるので、クレカの枠で仕入れた枠よりも高い値段で売り抜けてます。 

 

失業手当をもらう。

失業したあと、主に期待できる収入源は、失業手当です。

失業手当をもらうためにはハローワークに離職票を提出しなければいけません。

離職票は、退職したあと会社から貰えます。

私は、郵送で送られてきました。

貰えたらすぐに離職票を持ってハローワークに行ってください。

ハローワークで申請した日から、手続きが開始されるので、早く申請すると、その分、早く失業手当も貰えます。

わたしの会社は、退職してから2週間くらいで離職票が届きました。

会社によってもらえるタイミングが異なります。

離職票が届かない場合や、いつ会社からもらえるかわからない場合は、勤めていた会社に問い合わせてもいいと思います。

 

私はすぐ、離職届を出して、失業手当がもらえるまで1ヶ月半程かかりました。 

失業手当の金額は10万円くらいでした。

一人暮らしで10万円でこれからどうやって生活していけばいいのでしょう。

かなりきつかったです。

 

ブログを始める。

失業期間中は、かなり時間が空くのでブログをやってみるのもおすすめです。

ブログがもしうまく行けば、ブログの収入だけで生活していくことも可能です。

ただし、ブログは収入を得られるまでかなり時間がかかます。

だからこそ、今のうちに、ブログを育ててみるのはかなりありです。

治験中に、ブログの記事を沢山作れば、一石二鳥で捗りそうです。

 

 最後に

退職後ではなく派遣切りを通知されたときから、行動することが重要です。

 

こういうめんどくさいことをしたくない人は、

すぐに別の派遣の仕事で働くというのもいいと思います。

私自身、派遣会社からいくつも仕事のオファーがきているので

都内だと特に就職先は困らないと思います。

しかし、私自身、収入や待遇面から派遣の働き方に疑問を感じたので無職を継続しているところです。

 

こちらの記事もどうぞ。

 

 

 

blog.gyakushu.net