読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

30歳からの敗者復活戦

気になるニュースから、お金の稼ぎ方まで。30歳で派遣を首になった無職が独自の視点で語ります。

30歳無職が中学時代のリア充のFacebookを調べた結果www

スポンサードリンク

こんばんは

エゴサーチよりも悪魔のサーチを発見してしまった。

30歳で無職のうさぎたんです。

 

みなさん、Facebookはやってますか?

私は、やっていません。

いや、怖くてできません…。

 

しかし、学生時代、嫌いだったリア充は今何をしているのか?

気になりませんか?

私は、現在30歳で

今まで、同窓会に一度も呼ばれていないので、余計気になります。

 

気になってしまったら調べずにはいられない無職のうさぎたんです。

リア充だったらFacebookは、だいたいやっているので

Facebookを調べれば何をやっているのかわかります。

 

中学時代、私は、根暗なのになぜか野球部で

嫌いなリア充との結構付き合いがありました。

なので中学時代のリア充をサーチすることにします。

 

このリア充達が、今何をやっているのか調べるために、

Facebookに登録してみました。

Facebookというのは家族のステータスとか職歴とか学歴とか登録するらしいです。

私は、こんな感じになりました。

f:id:tusagi:20161017182215p:plain

f:id:tusagi:20161017182222p:plain

死にたくなってきた…。 

 

登録はできたので調べた結果を紹介します。

 

30歳無職が中学時代のリア充のFacebookをみた結果www

PC

ちびイケメンで勉強もできたI君

このリア充は、頭の回転が早く、

言いたいこと言ってる割には人気があり

コミュ力も高く機転のきくリア充です。

勉強もかなりできました。

唯一欠点だったのは、ちびだとことくらいでした。

素振りを毎日1000回やっていると豪語していたのですが

本当だったのでしょうか。

 

現在の職業:大学の助教授

推定年収:500〜700万円

学歴:大学院卒

結婚:してる

 

Facebookのページを見ると学歴が事細かに掲載してありました。

それはそれは、とても立派な学歴です。

きっとこのスペックを自慢したいがために今まで頑張ってきたのでしょう。

だから、今、自慢したいんでしょう。

 

Facebookでは、

職場の写真だったり、友達と飲んでる写真をあげてました。

リア充は、リア充であることをアピールする習性にあるようです。

あと、結婚式の写真もあげてました。

しかも、沢山の友達から祝福のメッセージがありました。

誰得なんでしょうか。

すでに結婚を諦めている無職の私には、

精神にかなりダメージのある写真でした。

 

野球凶だったA君

このリア充は、部活の野球に関してすごくうるさく、

キレやすい一番苦手なリア充でした。

いつも不機嫌そうで、リア充の中ではとても怖い存在でした。

リア充からも、あだ名では呼ばれずに◯◯君と名前で呼ばれてました。

みんなから怖がられていたのだと思います。

甲子園を本気で目指しているみたいで

練習にとてもキビかったです。

 あと、部活で大きな声を出してるときに

大きな声出せばいいってわけじゃないよね?

なんてわけの分からない嫌味を言われた記憶があります。

 

現在の職業:サラリーマン

推定年収:400~600万

学歴:有名大学卒

結婚:不明

 

プロフィールでスーツを着た写真を載せていました。

昔よりも、優しい顔をしていました。

多分自分の中で、このままではいけないと思いキャラを変えたのでしょう。

 

職業は正確にはわかりませんでした。

その他の写真も何故かスーツ姿が多いです。

働いていて充実していることをアピールしたいのでしょう。

現在、社畜である可能性が高いです。

あまりタイムラインも更新されていないので、

社畜で忙しい日々を送っているんでしょう。

 

友達だったが突然リア充化したT君。

このリア充は、中学3年のときに急にキャラが変わりリア充とかした

珍しい人種でした。

キャラが変わる前は、仲が良かったのですが、リア充化した時は

とても関わりづらい存在でした。

 

特に、中学3年卒業した後の春休みに、何度も野球に誘われました。

大勢のリア充が集まって野球をしなければならなかったので

大変な苦痛でした。

その時、彼女と◯◯したとか自慢してました。

かなりむかつきましたね。

頭はそれほどよくなかった気がします。

 

現在の職業:売れないシンガソングライター

推定年収:0~200万

学歴:大学卒

結婚:していない(おそらく)

 

中学時代、歌をうたうことに凝っていたT君ですが、

売れないシンガソングライターになっていました。

歌っているジャンルは、ラップ的な感じのよくわからないものでした。

 

彼の公式サイトを見ると、1年前から更新していません。

調べるとサイトのPVも1ヶ月1000以下でした。

Twitterでライブの告知など、ほそぼそと活動しているようです。

iTunesでも数百円で曲を販売しているみたいです。

購入する人は殆どいないと思われます。

アーティストとしての収入は、殆どないと予想されます。

Twitterで作詞作曲を依頼しているみたいですが依頼する人はいるんでしょうか。

 

しかし、確かこのリア充は、

親がかなり裕福だったので親のすねをかじっている可能性があります。

もう30歳になったらそろそろ夢を追うのは諦めて、

真面目に働いたほうがいいと思います。

 

調べてわかったこと。

他にもいろんなリア充を調べてみました。

わかったことは

大体、中学校の成績が良かったやつは、

今、勝ち組になっていますね。

年収は、中学の成績で決まっていると思うとなんだか切なくなりました。

 

更に、成功したリア充は、結婚したとか、働いたこととか

勝ち組っぷりをアピールする習性にあることがわかりました。

Facebookというのはリア充っぷりをアピールするツールのような気さえしてきました。

なので、

負け組になってしまった人がFacebookをやると、精神的苦痛を受ける可能性が高いです。

私自身、特に結婚した写真とか、かなりの苦痛を感じてしまいました。

これが人生なので仕方ありませんが。

 

こちらの記事もどうぞ。

 

blog.gyakushu.net

  

桐島、部活やめるってよ

桐島、部活やめるってよ