気になるニュース

テレビを持ってなくても2018年サッカーロシアWカップを見る方法

こんばんは

テレビがほしいときがたまにある。

無職のうさぎたんです。

 

サッカーワールドカップ始まりましたね。

しかし、私テレビを持っていません。

ちなみに、日本代表の初戦は、19日の22時頃です。

テレビを持っていなくてもサッカーワールドカップを見る方法をまとめてみました。 

 

ネット中継はない。


 

ちなみに、ネットで中継で見れるサービスはないです。

DAZN(ダゾーン)やスカパーでも何故かワールドカップは見れません。

権利の関係で厳しいのでしょう。

有料でもいいからネットで中継を見たい人はたくさんいると思うのですが、残念です。

 

YouTubeのNHKでハイライトを見る。

NHKのチャンネルでは、ワールドカップのハイライトの動画が配信されています。

www.youtube.com

そこそこ良い画質で配信されているので見逃した試合を見るにはいいと思います。

ちなみに他のサッカーW杯の動画は、FIFAの権利関係が非常に厳しいみたいで違法でアップロードされている動画はすぐ消されてしまうみたいです。

 

スマホのワンセグ機能で無料でみる。

スマホにワンセグ機能がついていればワールドカップの中継が見れる可能性があります。

iPhoneは、ワンセグの機能はついていないので注意してください。

ワンセグの場合、電波が悪い事が多いのでイライラするかもしれません。

電波が悪いかどうかは場所で決まってきます。

どのくらい電波が届くか試してみるのもいいでしょう。

 

ネットカフェでみる。

ネットカフェでは、テレビがおいてある個室があります。

ネットカフェのいいところは、一人でサッカーが見れるということです。

サッカーの試合は休憩も入れて、3時間くらいなので4時間以上のコースを選べば問題ないでしょう。

 

カプセルホテル、サウナで見る。

カプセルホテルやサウナなどの休憩スペースには、だいたいテレビがおいてあるのでそこで見ます。

流石に日本代表戦のときは、その試合をやっているチャンネルが映っていると思います。

お店によっては短いコースもあるので、試合を見れるだけのコースにすれば安くなると思います。

施設によっては、おいしい食事やお酒もあるので、結構くつろげながら見れると思います。

 

テレビが置いてある居酒屋でみる。

テレビが置いてある居酒屋があるのでそこでみれます。

f:id:tusagi:20170314002822j:plain

居酒屋は、お酒を呑みながらワールドカップが見れるのがいいです。

しかし、居酒屋の場合、テレビの見やすい席が選べなかったり混んでいることがあります。

チャンネルもワールドカップではない可能性もあります。

(殆どの居酒屋はワールドカップだとは思いますが。)

 

家電量販店で無料でみる。

ヤマダ電機やヨドバシカメラなどの家電量販店のテレビコーナーにいけば無料で見れます。

近くに家電量販店があれば行ってみるのもありです。

ただし、店員からは嫌な顔をされるでしょう。

最初の試合の日本代表戦は、22時からなので閉店しているお店がほとんどなので見るのは厳しいかもしれません。

 

 

テレビを買う。

ワールドカップを機会にテレビを買うのもありです。

 

パナソニック 24V型 ハイビジョン 液晶テレビ VIERA TH-24D305

パナソニック 24V型 ハイビジョン 液晶テレビ VIERA TH-24D305

 

なんだかんだでテレビはあったほうが便利です。

最近のテレビは、HDDがあれば録画もできるものが多いです。

レコーダーを買う必要がないです。

 

32インチのものでも4万円くらいで日本メーカーのものが買えます。

パナソニック 32V型 ハイビジョン 液晶テレビ VIERA TH-32D305

パナソニック 32V型 ハイビジョン 液晶テレビ VIERA TH-32D305

 

映画を見るやゲームをする時には、重宝すると思います。

大きい画面のほうがいいので32インチ以上のテレビを買うのもありです。

 

 

スポンサーリンク


 

ナスネを買う。

ナスネというレコーダを買うのもありでしょう。

nasne 1TBモデル (CUHJ-15004)

nasne 1TBモデル (CUHJ-15004)

 

ナスネを導入すればパソコンやスマホ、タブレットから見れます。

iPhoneやiPad,Macでも見れます。

テレビを置く場所がない人には、便利だと思います。

私は、テレビを置く場所がないので購入しようか本気で悩んでます。

ナスネのレビューは以下の記事でまとめてあります。

 

blog.gyakushu.net