グルメ

【感想】ねぎしの牛タン以外のメニューが最高すぎる件。

こんばんは

麦飯食べ放題

無職のうさぎたんです。

 

仕事帰ったあと、頑張った日には、ねぎしに行くことがたまにあります。

ねぎしは、牛タンをメインの定食を出しているお店です。

結構値段が張りそうな感じがするのですが、意外と安いメニューもあります。

そこで今回は、ねぎしの牛たん以外のメニューとねぎしの良さについて語っていきたいと思います。

 

ねぎしの牛たん以外のメニューが1000円以下で食べられる。

ねぎしは、牛タンのメニューは1,500円とかするのもありますが、牛タン以外のメニューは1,000円以内で食べられます。

具体的には、以下の5つのメニューです。

・トリプルミックスセット 990円(税込)

・鶏ジューシ焼きセット 900円(税込)

・豚旨辛焼きセット 980円(税込)

・豚ロースセット 980円(税込)

・とんてーきセット 990円

 

個人的には、トリプルミックスセット、鶏ジューシセットがおすすめです。

肉を食べたいときは、トリプルミックスセット、鶏が食べたいときは、鶏ジューシセットを頼みます。

f:id:tusagi:20180527222532j:plain f:id:tusagi:20180527222722j:plain

 

鶏ジューシ焼きセットは、味付けされた鶏肉を香ばしく焼いてあって美味しいです。

 

f:id:tusagi:20180527223157j:plain

とにかくお肉が食べたいときは、トリプルミックスセットがおすすめ!

 

ちなみに、新メニューのとんてーきセットは、気になって食べてみましたが、あまり美味しくなかったのでおすすめできません。

渋谷にある渋谷トンテキのほうが美味しかったです。

 

ちなみにランチ(平日16時まで)は、豚旨辛焼きセットと豚ロースセットが140円安くなります。

逆にそれ以外のメニューは、ランチでもディナーでも値段は変わりません。

 

麦飯おかわり自由なのが最高。

ねぎしは麦飯おかわり自由です。

f:id:tusagi:20180527222915j:plain

 

意外と、1,000円弱でご飯おかわり自由なお店あまりない気がします。

 

さすが高い定食を出すお店だけあって、麦飯は美味しいです。

いつも同じ炊き加減なのでベチョベチョになったりしたことは今まで一度もありません。

いつも最低2回は、おかわりしています。

調子のいいときは、3回おかわりします。

とろろもついてくるので1回目は、普通に食べて、2回めは、とろろをかけて食べるのがいつものルーティーンです。

 

テールスープと漬物もおいしい。

ねぎしの定食では、とろろと麦飯の他に、テールスープとおみつけ味噌なんばん(漬物みたいなやつ)がついてきます。

f:id:tusagi:20180527223022j:plain f:id:tusagi:20180527223015j:plain

 

これもおいしくて、麦飯がすすみます。

テールスープは、中にテールの塊が入っていてコクがあって美味しいです。

味噌なんばんも、塩辛くてご飯がすすみます。

ちなみに、3年くらい前は、味噌なんばんすごく辛かったのですが、今は辛さが軽減されている気がします。

 

店員さんの接客がかなり丁寧。

ねぎしの店員さんは、接客がかなり丁寧です。

一番いいと思うのは、麦茶がなくなったらすぐに汲んできてくれます。

なくなったらほぼ同時くらいに汲んできてくれます。

私は、水を10杯近く飲むのでなんだか申し訳なるくらいです。

非常に助かってます。

荷物に、匂いがつかないようにカバーもかけてくれます。

テーブルかカウンターかも選べます。

 

おそらく、教育を徹底しているんだと思います。

 

まとめ。総合的にコスパも満足度は高い。

接客も良くて、料理のクオリティも高くて1,000円以内で麦飯食べ放題なので、満足度は非常に高いです。

特に、私みたいにご飯をたくさん食べて仕事のストレスを解消したい人にはもってこいです。

このとき、ご飯をたくさん食べたら朝ごはん食べなくても普通にもちます。

接客も内装も割としっかりしているので貧乏臭さもなくて、いい感じです。

 

ちなみに、定食チェーン店で有名な大戸屋は、もっと安いメニューもありますが、接客が駄目だったり、ご飯も食べ放題ではなく、料理もバイトが作っているのでたまにひどいこともあります。

そう考えると、大戸屋よりもねぎしの1,000円以下のメニューのほうがいいと思ってしまいます。

あと、やよい軒は、安くでご飯食べ放題で良さげなのですが、近くにお店がないので行く機会がほとんどありません。