30歳からの敗者復活戦

気になるニュースから、お金の稼ぎ方まで。30歳で派遣を首になった無職が独自の視点で語ります。

Youtuberたかっかさん!動画についてアドバイスしたいです!

スポンサードリンク

おはよう。

Youtubeがテレビ代わりになってる

無職のうさぎたんです。

 

Youtubeを見ていて思うことがあるんです。

こうすれば、もっと面白くなって

再生数も伸びるのに!

もったいない!!!

TV

 

 

私は、無職コンサルと呼ばれる他人様のブログを

勝手にコンサルするという企画をやってます。

そのコンサルの対象は、主にはてなブロガーを対象にやっていました。

f:id:tusagi:20161013105202j:plain

 

しかし、Youtuberにも応用できるんじゃない?

っとふと思い、ものすごい余計なお世話ですが、

今回は、とあるYoutuberを勝手にコンサルしていきたいと思います。

 

Youtuberたかっかさんとは? 


今回、勝手にコンサルするYoutuberは、

クルマのドライブをテーマにしている

たかっかさんです。

 

たかっかさんは、このような

峠のドライブコースを3分間で紹介するという動画をやられています。

 

www.youtube.com

 

もともとは、この方は、

こちらのクルマを専門にしたサイトを運営しています。

55ドライブ -楽しいドライブコースから始まる、魅惑のカーライフ-

その広告収入を得て生活しているブロガーのようです。

 

 

 私が、Youtuberたっかかさんにアドバイスしたいこと 

以前、たかっかさんは、岡田斗司夫さんの番組に出演されています。

 

www.youtube.com

 

たかっかさんはこの動画で、このような相談をされています。

どうやったらYoutubeで人気が出るのか

たかっかさんは、ブログ以外のYoutubeでも収入を得たいと相談しています。

 

ここで岡田斗司夫さんは、Youtubeをあまり見ていないせいか、

今のYoutubeの現状を理解していないように思えました。

なので、岡田さんの経験のみのアドバイスにとどまっています。

 

私は、今、無職で暇でいつもYoutubeを見ています。

今のYoutubeの現状を踏まえつつアドバイスすることが可能です。

 

動画のクオリティより投稿頻度を優先

たっかかさんの動画ですが、まるでテレビ番組並に、

動画編集のクオリティが高いです。

おそらく、かなり編集に時間がかかっているはずです。

動画を作り込みすぎています。

 

もし、テレビ番組のような番組を目指されているのであれば、

やめたほうがいいです。

個人がテレビ番組に勝てるわけがありません。

 

そして、視聴者さんは、なぜあえてテレビではなく

Youtubeを視聴しているのか、それは、

素人が作った動画が見たい。

というニーズがあるからです。

 

なので、動画はいい加減に作っていても

許されてしまう傾向があります。

 

むしろ、動画を作り込みすぎることでテレビっぽくなって

逆効果になってしまう可能性すらあります。 

 

もちろん、無編集では見るほうが辛いので、

効率よく適材適所で編集をし

たくさん動画を投稿したほうがいいです。

完成度は50%〜60%くらいでしょうか。

 

他の人気Youtuberさんは、一日一投稿が基本のようです。

たかっかさんも、本気でYoutubeで収益化を目指されているのであれば

そのくらい投稿した方がいいです。

 

視聴者は、Youtuberの日常を知りたがっている。

人というのは、他人の日常を知りたいという欲求があるようです。

芸能人の誰が付き合って別れたとか、結婚したとか。

そういうのは、その欲求を満たすために毎日、ワイドショーで取り上げられています。

 

Youtubeは、その日常を表現するための絶好の場です。

 

ただし、ニコ生であるようなただ雑談しているだけとか

動画を作っていては駄目です。

視聴者が知りたい日常にフォーカスして動画づくりをしてく必要があります。

 

Youtubeでは、何かテーマを決めてそのテーマの中で日常を写すというのが

セオリーのような気がします。

 

そういう戦略をとっているのは、商品紹介系Youtuber 瀬戸弘司さんや、Kazuさん

だと思われます。

例えば、たっかかさんの場合は、ドライブをしている楽しそうな風景を映すとか、

ドライブ先でご飯を食べている顔の映像を映す、クルマを楽しそうに改造している風景などありでしょう。

解説しているときも背景は、真っ白ではなく

部屋の中が映るようにすればいいと思います。

 

本当に、稼ぎたいならテーマを変えたほうがいいと思う。

Youtubeの視聴者の目的の大半は暇つぶしです。

その暇つぶしの視聴者に対して、まだまだ供給不足なのが今のYoutubeの現状です。

なので、特化型のテーマを決めるよりも、

暇つぶしになるような動画を作ったほうが圧倒的に儲かると思います。

 

暇つぶし目的の視聴者に興味をもたせる動画を作るコツは、

動画の「タイトル」です。

興味を引きそうな動画のタイトルをまず考えて、動画作りをします。

このような手法を取っている代表的なYoutuberの例としては 

ラファエルさんや水溜りボンドさんがいます。

 

 仮に、特化型にテーマに絞るにしても、ジャンルは大雑把にした方がいいです。

たかっかさんは、峠のドライブコースとかなり細かく絞りすぎています。

更に峠ドライブだと、毎日更新するのが難しいです。

ジャンルを絞るときは、毎日更新しやすそうでなおかつ見てくれる人が多そうなものがいいでしょう。

ドライブコースではなく車というジャンルで攻めてみてはいかがでしょうか。

特化型で有名なYoutuberだとラーメンに特化したYoutuberのSUSURU TV.さんが有名ですね。

 

 

自分の趣味嗜好を優先するか、それとも、儲けを優先するか、

どちらにウェイトを置くかは、結構難しいテーマだったりします。

そして、2つ両方取ることはなかなか難しいです。

儲けを優先したいのであれば、

儲けが出るような手法を研究する必要があると思います。

 

このようなコンサルはこちらから受け付けてます。

Youtuberさんでもブロガーさんでも、

もし興味のある方はどうぞ。

 

blog.gyakushu.net

 

マーケティングのすゝめ (中公新書ラクレ 567)

マーケティングのすゝめ (中公新書ラクレ 567)