30歳からの敗者復活戦

気になるニュースから、お金の稼ぎ方まで。30歳で派遣を首になった無職が独自の視点で語ります。

ヤフオクで登録できる出品画像が10枚に増えたので対策について語る。

スポンサードリンク

こんばんは

ヤフオクで生活がしたい。

無職のうさぎたんです。

 

2017年10月10日からヤフオクで出品する際の出品画像が10枚に増えました。

オークション出品の出品画像が10枚まで登録できます【リリース済み】 -お知らせ - ヤフオク!

 

以前は、出品画像は、3枚までと決まっていました。

以前から、私も3枚は少ないなぁと感じていました。

 

購入者側からすると、10枚になったことは喜ばしいことでもあります。

しかし、出品者側は、10枚出品画像を用意しなければいけないのではないかと困惑している方もいると思います。

そこで、出品画像が10枚増えた今どうすればいいのか説明します。

 

目次

 

6~8枚くらいがベストかも。

ヤフオクで出品されている方を拝見させていただきました。

ヤフーストアは、7〜8枚くらいの画像を載せてあるところが多かったです。

 

10枚登録している人はあまりいませんでした。

未だに3枚の人もいましたが、購入する立場に立ってみると多く画像を登録しておいたほうが信頼できると感じました。

 

そこで私は、登録する画像は、6~8枚がベストだという結論にいたしました。

10枚必ず出品画像を登録する必要はないですが、

多く画像を載せればそれだけ信頼度が増すと思われます。

なので、登録しておいて損はしないでしょう。

 

登録する画像が少なくても問題ない商品とは?

今回、10枚に登録できる画像が増えましたが、必ずしも多く画像を載せる必要はないです。

 

数千円が相場の商品は、1〜3枚数でも問題ないです。

多く画像を登録すれば高額落札される可能性を高める事ができます。

しかし、落札相場が数千円のものは、手間を考えると時間的にコスパが悪いです。

落札価格が数千円のものは、幾ら出品ページをこだわって作っても差は少ないので、ある程度いい加減でも問題ないです。

 

新品未開封の商品も、枚数を減らしても問題ないです。

新品の商品は、新品未開封だとわかればそれでいいので最悪1枚でもいいです。

 

外部リンク画像を貼ったほうがいい商品とは?

3枚登録の時代は、外部リンクの画像を商品説明欄に貼ることで、表示する画像を増やす方法がありました。

今回、10枚登録できる用になったので不要になったように思えます。

しかし、外部リンク画像を貼ったほうがいい商品もあります。

何故かと言うと外部リンク画像を貼るとより高画質な画像を貼ることができるからです。

 

外部リンク画像を使ったほうがいい商品について説明します。

超高額な商品は、外部リンク画像を使ったほうがいいです。

例えば、車、美術品など。

高額な商品ほど、落札価格の変動が激しい傾向にあります。

出品者の信用度もより重要になってきます。

なので、出品ページをいい加減に作ってしまうとそれだけでかなりの損失になってしまう恐れがあります。

 

作品系も外部リンクを使ったほうがいいです。

例えば、ハンドメイド作品、手作りのぬいぐるみ。

作品系は、世にでていない商品なので、画像を見て判断するしかありません。

つまり、画像がかなり重要になってきます。

いいカメラを使うのはもちろんのこと

写真の構図など写真の撮り方も勉強した方がいいです。 

 

出品したいジャンルを調べて他の人は外部リンクを使っているのかどうか参考にしてみるといいと思います。

 

今回の変更点について。

今回、10枚まで増えましたがそれ以外にも変更点があるみたいです。

以前は、縦横、どちらかを600pixelにしないと画像が圧縮され劣化してしまう現象がありました。

しかし、今回登録する画像が増えたとともにその劣化がなくなっているような気がします。

これは私の推測なので以前から劣化してしまう現象は改善されていたの以下もしれません。

何れにせよ600pixelは意識せずに、画像の容量5MB以内の画像をそのまま登録しても問題ないです。

 

画像は商品の売れ行きを左右するのでとても重要。 

画像は商品の売れ行きを左右するのでとても重要です。 

手間をかければかけただけ高額に落札される可能性を高められます。

スマホで商品の写真を撮られる方も結構おられると思います。

最近のスマホでもいい写真が撮れるものもありますが、デジタル一眼レフにはかないません。

安いデジタル一眼レフもあるので1台もっておくとかなり重宝します。