読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

30歳からの敗者復活戦

気になるニュースから、お金の稼ぎ方まで。30歳で派遣を首になった無職が独自の視点で語ります。

治験バイトの安全な申込み方、探し方をベテラン経験者が解説する。

無職の治験講座

スポンサードリンク

こんばんは

治験を生活費のあてにしている。

無職のうさぎたんです。

 

私は今まで、治験を20回くらい受けてきたベテラン治験者です。 

 

治験を始めようと思われている方、

どのような方法で申し込むのかわからないですよね。

私も最初はそうでした。

というわけで、今回は、初心者向けに治験の申し込み方、探し方を解説していきたいと思います。

 

安全な治験の申し込み方は?

治験モニターサイトに登録してそのサイトから申込みます。

サイトによって、募集されている治験が違ったりするので、できるだけ複数のサイトに登録してその中から探したほうがいいです。

私が登録しているサイトを紹介させていただきます。

 

治験No.1の生活向上WEB【治験モニター募集】

安心実績のJCVN治験モニター

治験や臨床試験のモニター参加なら日本最大のVOB!

治験情報V-NET|初心者でも安心サポート!

 

この中でJCVNだけ、何故かサイトに登録するために、五反田の本社へ登録説明会に参加しなければいけなかったのでとてもめんどくさかった記憶があります。

 

今まで、20回くらい治験を受けてきましたが、どの治験も特に危険に感じることはありませんでした。

私は、治験自体が安全なものだと思っているのでどのサイトから申し込んでも安全だと思います。

更にいうと、危険かどうかは申し込む治験モニターサイトではなく、実際に治験で認承される薬がどのようなものかによると思います。

素人が、その薬が危険なのか、安全なのかわからない気がします。

どうしても危険かどうか知りたい場合は、治験で認承される薬について調べた上で参加することをおすすめしたいです。

 

申し込モニターサイトで特に特徴があるというわけでもありません。

募集されている治験が被っていることも結構あります。

なので、特にこだわりなく私は色んなサイトに登録しています。

 

サイトの申込やすさ、探しやすさからいうと、生活向上Webが一番いいと思います。

 

治験の探し方は?

登録した治験モニターサイトから探します。

私は、スケジュールが合うもので最も協力費が高いものを選んで申込みます。

殆どのモニターサイトをログインすれば協力費は、いくらかわかると思います。

参加条件も、チェックします。

健康な方を対象とした治験は、休薬期間や、BMIなど大体条件は同じです。

しかし、稀に休薬期間は半年でないと駄目とかそういうのもあるのでどのような参加条件なのかチェックしましょう。

 

あとは、治験は、2回に分けて行われるものが多いですが、たまに5泊6日など長期で1回で終わる治験もあります。

私は、複数回分けるよりも一回で住んだほうが手っ取り早く楽に感じるのでそういうのも考慮して選んでます。

 

もしかしたら、穴場?!病院独自で募集しているサイトもある。

これは、最近、私も知ったのですが、

病院独自でサイトを作ってそこで申し込める治験もあるみたいです。

新規ボランティア登録 | 治験実施施設:医療法人相生会

ICPボランティアサークル

 

もちろん、これらの病院の治験も、生活向上Web、JCVNなど、有名な治験モニターサイトでも募集されていることもあります。

特に、医療法人相生会の墨田病院は、院内がきれいで、過ごしやすくておすすめです。

 

こちらの記事もどうぞ。

 

blog.gyakushu.net