商品レビュー

新型Magic Keyboardをレビュー。iPadとの組み合わせが最強な件について。

こんにちは

iPadを使いこなしたい。

無職のうさぎたんです。

最近、新型のApple Magic Keyboardを購入しました。

この新型のApple Magic Keyboardは、2015年に発売されたものです。

 

Apple Magic Keyboard - JIS MLA22J/A

Apple Magic Keyboard – JIS MLA22J/A

 

 

 

このキーボードを購入した理由は、iPadでキーボードを使ってブログを書きたかったからです。

ちなみに、私は、最新型のiPadを使っています。

 

MP2G2J/A シルバー iPad Wi-Fi 32GB 2017年春モデル(iOS)

MP2G2J/A シルバー iPad Wi-Fi 32GB 2017年春モデル(iOS)

 

そのレビューについては、以下の記事より。

 

blog.gyakushu.net

 

 

2ヶ月ほど使用したのでレビューして行きたいと思います。

f:id:tusagi:20180217094912j:plain

 

目次

 

 

Magic KeyboardがあればiPadがノートパソコンかわりになる!

f:id:tusagi:20180215045653j:plain

iPadで文字を入力することが多い人は、Magicキーボードかなりおすすめです。

 

Magic KeyboardとiPadがあればちょっとしたノートパソコン代わりになります。

外でブログを書くためにノートパソコンを購入しようか悩んでいたのですが、iPad

Magicキーボードの組み合わせでも十分な気がしてきました。

Evernoteというアプリを入れてブログの下書きを作っています。

Evernote

Evernote
開発元:Evernote
無料
posted with アプリーチ

 

 

iPadだけでも文字の入力はできますが、全然作業の効率が違います。

Magic Keyboardがあったほうが入力はスピードは、断然、早いです。

おそらく、10倍以上入力スピードはMagic Keyboardのほうが早いです。

 

 

iPadとMagic Keyboard両方ともかなりコンパクトで薄い形になっているので、カバンに入れても全然かさばりません。

f:id:tusagi:20180215050239j:plain

デザインは、Appleらしく、シンプルで非常にいい感じです

ただし、Magicキーボードは、白を基調したデザインなのでそのままカバンに入れると汚れついて目立ちやすいです。

f:id:tusagi:20180215051705j:plain

私は、無印良品で購入した80円のポリプロピレンマチ付きクリアケースに入れています。

f:id:tusagi:20180216060649j:plain

www.muji.net

 

「英数」と「かな」のボタンが使える 

「英数」と「かな」のボタンもちゃんと日本語と英語の切り替えに使えます。

他社製品だと「capslock」 + 「shift」など複数のキーを押さないと切り替えられないものもあります。

このキーボードは、Appleの純正キーボードなので普段使っているAppleのキーボードと変わらずに違和感なく利用することができます。

 

キーボードの打ちやすさについて

f:id:tusagi:20180215052351j:plain

Magicキーボードは、パンタグラフみたいな感じで、ノートパソコンのキーボードの感触に似ています。

打鍵感は、かなり軽い感じで、指が疲れなさそうな感じがします。

個人的にはかなり好きです。

ノートパソコンにあるようなパンタグラフキーボードが好みの方は違和感はないと思います。

 

しかし、好みは結構分かれそうです。

こういうディスクトップPCに付属しているようなキーボードが好みの人は、違和感を感じると思います。 

 

 

キーボードの感触や打鍵感は、人それぞれ好みはあると思うので、気になる方は実際に店頭で試して購入してみることをお勧めします。

あと、他サイトで遅延があるみたいなレビューを見たのですが、私の感覚では、遅延はほとんど感じられませんでした。

よほど、感覚を研ぎ澄まされた人じゃないと遅延は感じないと思います。

 

iPadとMagicキーボードは自動で接続してくれる。

iPadとMagicキーボードの接続は、一度、iPadに認識させてさえ入れば簡単です。
iPadとMagicキーボードの接続は、Magicキーボードの電源を入れるだけで勝手に接続されます。

これで、使いたいときにすぐに使えることができるので非常に便利です。

最初にiPadにMagicキーボードを登録させなければいけないのですがその方法も簡単です。

Magic Keyboardの電源をオンにした状態で、iPadの設定→Bluetoothオンにする→appleのキーボードタッチする。

 

もちろんiMacのキーボードとしても使える。

もちろんiMacのキーボードとしても使えます。

iMacを持っている人は、iPadとキーボードを併用して使うことができるのでお買い得感があります。

iMacを購入すれば、同じ型のMagic Keyboardも付属しているのでこれを機にiMacを購入するのもありかもしれません。

 

 

iMacとiPad両方併用するときは、一回ペアリングを解除して接続し直す必要があります。

この作業は、手動でやらないといけないのでかなり面倒です。

同じ部屋でiMacとiPadを併用したい方は、十分考えたほうがいいです。

 

充電はLightningケーブルで充電

充電は、Lightningケーブルで充電します。

Magic Keyboardの付属品にLightningケーブルが付属していますが、iPadを充電するLightningケーブルで充電できます。

ここにLightningケーブルの端子があります。

f:id:tusagi:20180217090653j:plain

 

旧型よりも高級感が増してる。

実は、3年ほど前に旧型のMagic Keyboardも使っていました。

 

Apple Wireless Keyboard (JIS) MC184J/B

Apple Wireless Keyboard (JIS) MC184J/B

 

 

今回紹介している新型のMagic Keyboardのほうがしっかりとした作りになっていて高級感が増してます。

旧型は、おもちゃっぽくて安っぽかったです。

キーの押しやすさも新型のほうがMac Bookぽくなっていて押しやすいです。

あと、ちなみに旧型と比べバッテリーも長持ちになったとのことです。

公式によると一回の充電で約1か月電池が持つそうです。

www.apple.com

 

不便に感じたこと。

基本的には満足しているのですが不便に感じたこともいくつかあります。

 

キーボード電源をつけたままカバンにに入れるとiPadが反応してしまう。

キーボードのキーが当たるとiPadのディスプレイが起動してしまいます。

つまり、キーボードの電源をつけたままカバンに入れるとiPadのディスプレイがずっと起動したままになってバッテリーが消費してしまう恐れがあります。

キーボードをカバンにしまうときは、電源を切ってしまう必要があります。

電源のオフ/オンは、ボタンを切り替えるのですが、構造上、指の爪でひっかけてやらないといけないのでやりづらいです。

f:id:tusagi:20180216061706j:plain

 

ペアリング問題 

同じ部屋でiMacとiPadを併用しようと思うと結構不便です。

Magic Keyboardは、電源をオンにすると自動で接続してくれるのですが、接続先が2個以上あると、手動で切り替えなければいけません。

使いたい場合は、どちらか片方の機器のペアリングを設定の項目から手動で解除するか電源をオフにする必要があります。

もう少し、スムーズに切り替えする方法があればいいのですが、もしその方法がわかれば紹介したいと思いおます。

 

予測変換が微妙。

キーボードの問題ではないかもしれませんが、iPadでの変換候補が微妙です。

Google日本語変換と比べると精度が悪いです。

ノートパソコンだとGoogle日本語変換がインストールできるのですが、iPadだとできません。

実質、iPadのグーグル日本語変換だと言われている、Googleが開発したGboardというアプリも入れてみたのですが、英数とかなのボタンが使えなかったのでかなり微妙だと感じました。

 

電池の残量がキーボード単体だとわからない。

電池の残量は、接続している端末(iPadやiMac)からだと確認できます。

しかし、キーボード単体では、どのくらい残量があるのかわかりません。

キーボード単体でも残量が確認できればより便利だと感じました。

一度、使おうとして、電池がなくて使えなかったことがあります。

 

また、充電するときは、Lightningケーブルを使って充電します。

この時も、充電されているのかされていないのか、キーボード単体ではわからないので少し不便です。

 

まとめ iPadで文字入力をする人におすすめできる商品

iPadで文字入力を良くする方には、おすすめできる商品です。

キーボードがあれば、入力スピードは格段に上がります。

Magic Keyboardであれば、普段、iMacやMacBookを使っている人は特に違和感なく使えます。

他社でもiPad用のキーボードが安く売られていますが、Apple純正のMagic Keyboardであれば間違いないです。

そして何よりも見た目がかっこいいです。

 

Apple Magic Keyboard - JIS MLA22J/A

Apple Magic Keyboard – JIS MLA22J/A