読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

30歳からの敗者復活戦

気になるニュースから、お金の稼ぎ方まで。30歳で派遣を首になった無職が独自の視点で語ります。

転売ヤーがヤフオク出品で高く売る方法を無料で暴露する。

スポンサードリンク

おはよう。

転売ヤーで

無職のうさぎたんです。

 

ヤフオクで出品するときみなさんどうしてますか?

私はヤフオク歴10年以上です。

今は、転売ヤーもやっています。

生活をかけて品物を出品しています。

私は、ヤフオクでしのぎを削って物を売ってきました。

よって、ヤフオクで高く売るノウハウに関しては、自信があります。

 

今回、このノウハウを惜しみなく公開したいと思います。

転売ヤーでなくても普通に私物をヤフオクで売却したい方も参考になると思いいます。

  

想定よりも安い落札価格になってしまうことを回避する方法。

ヤフオクで簡単に売る方法は、1円出品です。

競り落とされるので必ず売れます。

1円出品は、早く売却できるのが魅力です。

1円出品しておけば、大体相場くらいに落ち着いて落札される事が多いです。

 

しかし、たまにありえないほど低い値段で落札される時があります。

低い値段になる理由ですが、

たまたまタイミングが悪かった。

あまり出品されない商品で、日頃から検索しているひとがいない

等が挙げられます。

これは運的な要素もあるので事前に回避するのは難しいです。

 

これを防ぐ方法があります。

それは、落札終了1分前に、出品を取り消す方法です。

落札終了1分前に入札してくるひとは、ほとんどいないので、そのときになっている価格で落札される可能性が高いです。

納得いかない価格であれば、出品を取り消すのがいいです。

その場合、出品取消システム利用料が540円かかるので注意してください。

しかし、540円払っても、取り消したほうがよかったという場面は結構あるので、それほど重要視しなくてもいいと思います。

 

但し、この方法のやり過ぎは注意してください。

やりすぎるとヤフオクの運営から目をつけられる可能性があります。

更には商品を買いたかった人の心情を裏切ってしまうことにもなります。

自分が想定していた価格と落札されそうな値段があまりにもかけ離れていたときなど

ここぞというときにやるのがポイントです。

 

即決で出品する商品はどんな商品がいい?

即決は、自分が売りたい値段で売れるのが魅力的です。

 

しかし、ヤフオクでの即決商品は落札されにくいです。

この理由としては以下のことが考えられます。

・購入する価格は自分で決めたい購入者が多い。

・即決だと不安感、抵抗感が大きい。

  

その結果、

即決出品したい商品の相場を調べてその相場よりも安く出品したとしても

なかなか購入してくれない事が多いです。

更には、即決者同士で、値下げ競争が発生する可能性があります。

 

但し、即決でも購入してくれる方はいます。

購入してくれる人は

すぐに商品が欲しいという場合が多いです。

 

なので即決で出品する商品は以下の様なものがおすすめです。

・あまり出品されないレア商品。

・長期間、売れなくても我慢できるもの。

(3ヶ月間くらい売れないことも覚悟できるもの)

・過去の相場の価格があまり安定していないもの

 

即決の価格は、相場の価格かそれ以上の価格にして方がいいです。

多少安くしたからと言って売れるわけでもないからです。

 

即決の場合には、メルカリなどのフリマサイトやamazonなど複数の販売口で販売することが可能です。

但し、これも厳密には規約に違反している可能性が高いです。

同時に購入されることはまずないのでトラブルが実際発生することは少ないと思います。

トラブルが起きないように購入されたら速やかに別サイトで販売したいた商品は、取り消してください。

 

あまり出品されないレア商品の売り方。

数ヶ月に一度しか出品されない商品みたいなレア商品というのが存在します。

レア商品かどうかは、オークファンなどで調べてみてください。

高級アンプとかマニアックなものが多いです。

 

このレア商品は、高く売れる可能性を秘めた商品です。

 

このレア商品は、即決で出品した方がいいです。

即決価格は相場よりも高めにします。

即決出品したら気長に待ちます。

 

基本的には、即決がおすすめですが、

本当に長期間出品されていない商品だとかなり競り上がる可能性もあります。

これを狙うのもありです。

但し、これは運的な要素が多いので、個人的には即決のほうがおすすめです。

 

希望落札価格が意外と使える。

 ヤフオクには、希望落札価格という機能があります。

出品時に任意で設定した希望の価格にならないと落札されない機能です。

これは、出品時に、オプション料100円支払うことで利用できます。

 

これは意外と使える機能です。

即決で販売するよりも希望落札価格で出品したほうが注目度が格段に上がります。

ウォッチリストの数も多くなります。

希望落札価格は、事実上即決と同じことなのですが、

即決と比較しても以下のメリットがあります。

・即決者同士での値下げ競争が発生しない。

・入札を削除することも可能で、いたずら入札を防ぐことができる。

 

使うときは以下の場合がおすすめです。

出品されている商品が多く、今後相場が下がりそうなもの。

利益は確保したいものの、早く売り抜けたい。

相場よりも安くてかまわないからなるべく早く売り抜けたい。

 

設定する価格ですが、相場よりも少し安いくらいがおすすめです。

 

そう設定しておけば即決で安く販売するよりも 希望落札価格のほうが断然売れやすいです。

あまり高く値段設定すると白けてしまうし、不快に感じる人が多くなってしまいます。

 

ヤフオクで一番売れやすい時期は?

売れやすい時期に売るのがベストです。

私の経験でお話します。

本来であれば、データを見て分析した方がいいと思うのでもっと正確な情報を知りたい方は、別のサイトなどで調べたほうがいいと思います。

 

1年を通して一番売れやすい時期は、1月2日〜1月5日あたりです。

正月シーズンですね。

12月31日、1月1日は、他のことで忙しいためかあまり売れません。

ヤフオク以外でもamazonなんかでもこの時期が一番、売れます。

この時期にあわせて出品するのもいいと思います。

 

あとは、盆、GWや月末あたりなんかが売れやすい印象をもってます。

 

その他気をつけたほうがいいこと。

基本的なことも含めて気をつけたほうがいいことを箇条書きでまとめます。

・終了日時は、土日祝日で22時〜23時くらいがいい。

・終了日までの期間は最低4日以上もたせる。

・自動延長は絶対にありにする。

・発送方法はできるだけ安いものにする。(はこBOONがおすすめ)

・商品のタイトルは、過去の履歴を参考に適切な文字を入れて作る。

・写真や説明文はこだわる。

 

他にどうすればいいか気になっていることがあれば、この記事のはてブかコメントでただければこの記事に追記して回答します。

 

こちらの記事もどうぞ。

blog.gyakushu.net