30歳からの敗者復活戦

気になるニュースから、お金の稼ぎ方まで。30歳で派遣を首になった無職が独自の視点で語ります。

LINEスタンプの申請はどのくらいかかる?無職のうさぎたんのスタンプ完成!

スポンサードリンク

こんにちは

無職のうさぎたんです。

 

LINEスタンプようやく完成しました!

以下のページより購入できます!

store.line.me

f:id:tusagi:20170108125453p:plain

と言っても、猫野きなこさんに作っていただいたのですが!(笑)

猫野きなこさん、本当にありがとうございました!

www.kinakoneko.com

 

 

無職のうさぎたんのLINEスタンプは、120円で販売しています! 

セリフは、日常会話でも使えるように工夫しました!

かなり使えると思います!

 

というわけで無職のうさぎたんのLINEスタンプができるまでを紹介したいと思います!

 

無職のうさぎたんのLINEスタンプができるまで

 

1.LINEスタンプを作ってもらう。

 

LINEスタンプを作ってもらいましょう。

絵が上手い人は自分で作ってもいいかもしれません。

制作する際は、LINEスタンプのガイドラインを守らなければいけません。

creator.line.me

 

注意点としては、以下の点でしょうか。

  

・PNG形式でならなければいけないこと

・画像のサイズは、縦と横ともに偶数でなければいけないこと

・背景は透明にしなければいけないこと

(私が作ったわけではないのでなんとも言えないですが…。)

 

ガイドラインを熟読してから作ったほうがいいと思います。

最悪の場合、すべて作り直さなければいけない可能性もあります。

 

 

2.LINE Creators Marketに申請する。

 

LINEスタンプは、LINE Creators Marketというサイトで申請します。

creator.line.me

 

これが結構、くせものです。

 

申請する際に、何故か、スタンプのタイトルと説明文を英語でも記入しなければいけません。

 

f:id:tusagi:20170108131253p:plain

英語圏の人で無職のうさぎたんスタンプを購入する方いるんでしょうか。

 

グーグル翻訳を駆使しました。

translate.google.com

 

タイトルとスタンプ説明文は、こんな感じにしました。

f:id:tusagi:20170108131632p:plain

 

 

 

 

 

ちなみに、スタンプ説明文を、最初、StickerではなくStampと説明してリジェクトをくらいました。

英語では、LINEスタンプのことをStampではなくStickerと略さなければいけないみたいです。

申請方法は、もっと詳細に説明しているサイトがあるのでそちらを参照していただいたほうがいいです。

保存版!もう迷わない!自作LINEスタンプを申請・登録する時の6つのポイント | ホームページ制作の合同会社ジョイネット

 

3.審査を待つ

あとは、審査を待ちます。

私は、返答が返ってくるまでに5日かかりました。

 

4.リジェクトされたら修正して再審査してもらう。

リジェクト(不合格)されたら、修正して再度審査します。

私の場合、以下の2点がリジェクトされました。

 

2.2.テキストに誤りがあるもの
※スタンプの英語表記はStickerとなっております


1.1.LINEが定めるフォーマットに合致しないもの
※背景の一部が部分的に透過漏れしています

 

5.1.当社または第三者の商標権、著作権、特許権、意匠権などの知的財産権を侵害し、または使用されている素材がサードパーティの利用条件に違反しているもの

 簡単な修正点でしたので即修正してもらい再度、審査を申込みました。

 

リジェクトで修正した後の審査は、3週間程かかりました。

年末で忙しかったのでしょうか、思ったよりも時間がかかりました。

結果、スタンプを申請してから販売できるまで1ヶ月ほどかかりました。

 

申請の経過まとめ

今回の申請の流れをまとめてみます。

12月8日  スタンプ申請

12月13日  リジェクトされる。

12月14日  再審査の申込み

1月5日   スタンプ承認

 

思っていたよりも簡単だった!

申請方法が少し難しかったですが想像していたよりも簡単でした!

(と言っても、私が作ったわけではないので作るのは苦労したと思います‥)

 

もっと、リジェクトも食らうと思ってました。

最悪、どこかのキャラクターと似てるとか言われて、無職のうさぎたんのすべてを否定される可能性もありました。

 

ほかのスタンプを見てみたのですが絵は上手くなくても販売できているようです。

意外とLINEスタンプは、簡単にできるものなので申請してみてはいかがでしょうか。

 

こちらの記事もどうぞ

blog.gyakushu.net