30歳からの敗者復活戦

気になるニュースから、お金の稼ぎ方まで。30歳で派遣を首になった無職が独自の視点で語ります。

ダンボール用カッター、ダンちゃんのレビューと感想。一家に一個あると嬉しいかも。

スポンサードリンク

こんばんは

ダンボール生活はしたくない。

無職のうさぎたんです。

 

以前から気になっていた段ボール用カッター、ダンちゃん。

 

 

以前からずっと気になっていました。

この製品は、ダンボール用カッターというものでダンボールを切るときに使います。

今までハサミを使って切っていたのですが、やはりハサミだと切れにくいです。

そこでこの製品がきになっていました。

今回このダンちゃんをレビューしていきたいと思います。

 

f:id:tusagi:20171011211455p:plain

 

目次

  

ハサミよりは切れやすいが、思ったほどではなかった。

見た目はこんな感じです。

f:id:tusagi:20171011211536j:plain

ノコギリみたいな感じですが、特別な樹脂でできているので手を切ったりしにくい作りになってます。

刃を触ってみましたが、全然手が切れません。

ハサミよりも安全です。

しかし、かなりの力で思いっきりやるとケガをする可能性も0ではないので、注意は必要だと思いおます。

 

肝心のダンボールの切れやすさですが、想像していたよりもあまり切れませんでした。

Amazonのレビューがよかったので期待値が高すぎたのかもしれません。もっとサクサク切れていくものだと思ってました。

結構力を入れないとサクサクっとは切れません。

ただし力を入れずに少しずつ切っていくことは可能です。

しかし、ハサミよりは遥かにダンボールが切れやすいです。

ちなみにAmazonの商品説明によると梱包用のPPバンドやビニール等も切れるそうです。

 

ダンちゃんの使い方。

使い方は、ノコギリのようにギコギコ切ってくやり方とカッターのように切っていくやり方があります。

 

ノコギリのように切っていくと確実に切断できます。

f:id:tusagi:20171011211616j:plain

 

力を入れて切るとさくっと切れます。

ノコギリのように切ると結構音がします。

夜だと近所迷惑にもなるので気をつけたほうがいいです。

 

カッターのように切っていくやり方もあります。

f:id:tusagi:20171011211647j:plain

このやり方のほうが音が出ないですが、切断するのには時間がかかります。

 

 

ダンちゃんの使い道

ダンちゃんにはどんな使いみちがあるのか考えてみました。

まずは、ダンボールをゴミに出すときに重宝します。

結構大きなダンボールだと、ゴミの日まで保管するのが大変です。

わざわざ資源のゴミに出すのをためらうような、小さいダンボールは、細かく切り刻んで燃えるゴミとして出すのもいいと思います。

 

次にダンボールを開封するときにカッター替わりとして使えます。

カッターだとケガをする可能性がありますが、ダンちゃんだと安全に開封することができます。

 

宅配便に出すダンボールを加工するのに非常に重宝します。

ダンちゃんは、少しだけ線を入れてダンボールを曲げることもできます。

曲げて加工すれば発送する荷物に合わせてなるべくコンパクトに梱包することができます。

余談ですが、ヤマトのはこBOONが廃止されたので発送するダンボールの大きさでだいぶ料金がかわってきます。

なるべく安く発送するためは、なるべくダンボールを小さく加工する必要があります。

そこでダンちゃんはかなり使えます。

 

まとめ。一家に一個あるといいかも!

思っていたほどサクサク切れませんでしたが、ハサミよりは断然切りやすくて安全です。

値段も今現在、Amazonで394円で購入できるので気軽です。

一家に一個あるとかなり重宝するのでおすすめです。