30歳からの敗者復活戦

気になるニュースから、お金の稼ぎ方まで。30歳で派遣を首になった無職が独自の視点で語ります。

収益を自慢している何十万PVの有名ブログは軒並みつまらない理由。

スポンサードリンク

こんにちは

ブロガー界の有吉こと

無職のうさぎたんです。

 

何十万PV達成!収益は何十万になりました!

という有名ブログよく見かけます。

 

そこで、どんなブログかと見てみると糞つまらないんです。

※個人的な感想です。

 

不思議です。

そこで収益を上げているブログは、なぜつまらないのか

その理由を考えてみました。

 

PV重視で読者のことを考えていない。


cat

PVを稼ぐためには検索サイトから人を取り入れなければいけません。

なので、トレンドの記事であったり、

新規コンテンツに対する記事を書かなければなりません。

なので、

毎日楽しみに読んでくれているようなファン(読者)

が読みたいような記事作りをしていないです。

その為、ブログに個性がなく、

読者自体もできにくいブログになってしまっています。

 

SEO対策のため、質より量を重視している。

SEOにつよいブログにするためには、

ある程度のコンテンツの量が必要です。

その為に、一つの記事に対するクオリティよりも、

大量の記事を投稿しています。

本当にいい記事を作るためには、

自分で検証・行動したりと時間をかけなければいけません。

そんなことをやっていると、大変な時間がかかります。

なので、ネットから拾ってきた情報だったり、過去の自分が体験したことのみで記事を作っていることが多く、読み応えがありません。

 

ブログの広告収入で稼ぐ≠面白いブログ

広告収入を得るためにはPVを稼がなければなりません。

PVを稼ぐためには、一部の読者ではなく、

大勢の人に向けた記事を作らなければなりません。

そのため、読者を無視したSEOに強い記事を作らなければならず、

結果、読み応えのない記事を量産してしまっています。

コアな読者(ファン)も

検索サイトからたまたま着てくれた人も

同じ扱いになってしまうのがつまらなくしている原因です。

テレビがつまらない理由が

「視聴率を重視しているから」

と言われている問題と似ているような気がします。

 

こちらの記事もどうぞ。

 

blog.gyakushu.net