読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

30歳からの敗者復活戦

気になるニュースから、お金の稼ぎ方まで。30歳で派遣を首になった無職が独自の視点で語ります。

Amazonアソシエイトの追加サイトの申請方法と注意点とポイント。

スポンサードリンク

こんばんは

無職のうさぎたんです。

 

つい最近、WordPressでブログを作りました。

usagichan.xyz

 

このブログにアマゾンアソシエイトの申請をしたので今回はそのことについて語ります。

 

 

Amazonアソシエイトは、サイトごとに申請する必要がある。

アマゾンアソシエイトは、新しくサイトを作ったら、サイトの追加を毎回申請をしなければいけません。

一度審査を通ったからといって

別のサイトに、勝手に、Amazonの商品を紹介するのはNGです。

 

また、アソシエイト「Webサイト情報の確認」というページでURLが追加できるのですがここに追加しただけでは申請したことにはならないです。

非常にわかりにくい。

「アソシエイトカスタマーサービスに連絡する」 というフォームから追加するブログを報告しなければいけません。

 

追加サイトの申請方法

1.アマゾン・アソシエイトにログインする。

まず、Amazonアソシエイトのサイトに利用しているアカウントでログインします。

affiliate.amazon.co.jp

 

2.アソシエイトカスタマーサービスに連絡するページに移動する。

ログインしたら一番下に

Amazon アソシエイト・プログラムへのご提案やご意見はこちらからお送りください。

引用:Amazonアソシエイト

 という項目があります。

こちらからをクリックします。

すると、「アソシエイトカスタマーサービスに連絡する」 というページに飛びます。

 

3.フォームに入力する。

フォームに入力します。

名前 

ブログの名前を入力

 

メインEメールアドレス 

メールアドレスを入力

 

・件名

「アカウント情報の変更、登録URLの追加など」

を選択。

 

・アソシエイトID 

すでに入力されているのでいじらない。

 

・コメント

コメントを入力します。

コメントは、審査にどのくらい影響してくるのかわかりませんが

できるだけ丁寧な方がいいと思います。

ブログの紹介もこのコメントでアピールしたほうがいいと思います。

私は以下のような感じにしました。

 

サイトの追加申請を致します。

【ブログのURL】

【ブログの紹介文】

【問い合わせ先の場所】

 

4.審査に通ったら、URLを追加する。

アソシエイトのアカウントページに審査が通ったURLを追加します。

これはやる必要があるのか、また、何のためにやるのかよくわからなかったのですが、

一応やっておきました。

右上の「アソシエイトアカウントの管理」から「WEBサイト情報の確認」に飛んで

審査が通ったブログのURLを追加をします。

 

意外と厳しい!追加申請したが2回審査落とされた! 

 追加で申請したのですが、2回審査落とされました。

 

1回目 キャプチャ画像を削除至急削除しろというメールが来る。

申請して1日経ってから返信のメールがきました。

Amazon.co.jpのキャプチャ画像を利用しているので至急削除てくれ

という内容のメールでした。

Kindle Unlimitedを紹介する際に、Kindle Unlimitedのロゴのキャプチャーを使っていたのですがそれが駄目だったようです。

直ぐに削除して、削除したむね返信しました。

 

2回目 問い合わせ先がないため審査を落とされる

1度目のメールをしてから5時間くらいしてメールがきました。

サイト管理者様と直接連絡できる連絡先(メールアドレス、メールフォーム)がないというメールの内容で審査を落とされました。

最初のメールでそれも言ってくれよっと思いましたが仕方ないです…。

 

3回目 審査に合格する。

問い合わせ先を作ってサイドバーにリンクを張りました。

そしてすぐに再度申請しました。

申請する際は、アソシエイトカスタマーサービスに連絡するのページからまた申請しました。

申請して5時間後メールがきて審査を通過しました。

間を空けないで続けて申請するのはよくないのかなッと思ったのですが関係無かったみたいです。

 

スポンサーリンク
 

追加申請してみた感想。

追加の申請は、申請するだけでいいのだと舐めてました。

ちなみに、このサイトも追加申請したのですが、

その時は、問い合わせ先を作っていなかったのにも関わらず通りました。

なぜこのサイトは、簡単に審査が通過したのか謎です。

 

追加申請するサイトは、そこまで作る込んでなくても通るような気がします。

新規で申請する際はかなり厳しいようでサイトを作り込んでいないと通りにくいようです。

 

追加サイトを申請する上での注意点。

・問い合わせ先を作る(メールアドレスやメールフォーム) 

問い合わせ先を作りましょう。

私はWordPressのプラグインContact Form 7を使って、メールフォームを作りました。

メールフォームは、サイドバーの一番右上のわりやすい所に貼りました。

f:id:tusagi:20170119213417p:plain

・Amazonのサイトのキャプチャを貼っていないかチェックする。

私みたいに、Amazonのサイトのキャプチャを貼っていると至急削除してくれとのメールがきます。

もし貼っていた場合には削除しましょう。

 

・審査が通ったらプライバシーポリシーのページを作る

審査が通ってからでもかまわないと思いますが、

プライバシーポリシーのページを作りましょう。

アマゾン・アソシエイトを利用する場合は、プライバシーポリシーのページを作ることが必須となります。

プライバシーポリシーはこちらのサイトを利用して作りました。

転載、コピペは自由とのことです。

ありがとうございます。

ankare2dx.org

 

こちらの記事もどうぞ。

blog.gyakushu.net