読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

30歳からの敗者復活戦

気になるニュースから、お金の稼ぎ方まで。30歳で派遣を首になった無職が独自の視点で語ります。

派遣を首になり、余命2ヶ月。

スポンサードリンク

30歳になって派遣会社をクビになる。

 

7月末に、3年間勤めていた派遣会社を首になりました。

首になったというよりも、事業縮小により私が所属していた部門がなくなると言った感じです。

前いた派遣の仕事は、給料が低く、頑張れば時給が上がるわけでもなかったので本当にやる気がなく、いつかやめようと思っていました。

なので、特段、ショックはなく、とはいいつつも、生活の予定や将来の方向性も決まっていないちゃらんぽらんな状況です。

 

余命2ヶ月

 

現在、失業保険をもらっています。

そもそも、一人暮らしするのにギリギリの給料手取り18万円くらい?しかもらえてなかったので失業保険だけでは生活できません。

現在、貯金を切り崩している状態です。

自分の見立てでは、あと2ヶ月、今年の12月末まで何もしなければ、生活できない状態です。

 

もう働きたくない!

 

同級生で大企業に勤めた人はきっと、年収500万貰っている人もいたり結婚したりしているんでしょう。

就活をなんとなくはじめてみるものの、

どこも前いた会社と大差ないんじゃないかと思います。

今から、その人達を普通に就活して働いても抜かせる訳がないです。

というわけで働きはじめたところで、きっとモチベーションは、上がらないでしょう。

だから私は働きたくない!

 

働かない道を模索する。

 

そもそも「働く」という定義は、人それぞれでしょうが、

私は、「会社勤めで給料を得る」ことを働くと定義します。

つまり、働かない道とは、会社勤めではなくお金を稼ぎ生活すること。

更には、同年代の貰っている年収よりも高い1000万円をまずは、目標です。

その記録を残す目的でこのブログを立ち上げました。