30歳からの敗者復活戦

気になるニュースから、お金の稼ぎ方まで。30歳で派遣を首になった無職が独自の視点で語ります。

【YouTube】素人でも芸能人みたいな人気者ビジネスができるようになっている!

スポンサードリンク

こんばんは

人気ものになりたい。

無職のうさぎたんです。

 

最近、Youtubeをみていて思うことがあります。

YouTuberは、やっていることが芸能人と変わらなくなっていることです。

大物YouTuberになってくると、週刊誌で隠し撮りされるそうです。

そうなってくると、完全に芸能人扱いです。

YouTuberに限らずネットの中では、芸能人のように人気者ビジネスでお金を稼いでいる人が増えています。

今回、この人気者ビジネスについて記事にしていきたいと思います。

目次

 

誰でも芸能人になれるようになった。

芸能人は、芸があるので、芸能人と呼ばれています。

芸能人は、芸があるすごい人なのでテレビで活躍しています。

(そもそも、テレビに出ている芸能人は、本当に芸があるのか怪しいところではありますが)

芸能人は、皆にすごい人だと思われているので、CM契約ができたり、講演会の仕事もすることができます。

 

すごい人は、芸能人のような人気者ビジネスをすることができます。

わかりやすい例を述べると、プロ野球選手です。

プロ野球選手は本業の他にCM、スポンサーでもお金を稼ぐことができます。

本来であれば、本当にすごい人しか人気者ビジネスができませんでした。

しかし、今では、ネットの力を利用し、すごい人を偽装して人気者ビジネスが簡単にできるようになりました。

 

YouTuberは、なぜ人気なのか?

人気YouTuberと言われている方は、もはや芸能人と変わらないような扱いをされています。

YouTubeの場合は、サービス開始から、先行して動画を投稿し続けている人や、誰に気づいていないニーズを見つけて動画を投稿した人圧倒的に強いです。

今、人気YouTuberと言われている人達は、先行の目があって、YouTube開始からいち早く動画を投稿しそれを続けている人が大勢います。

 

先行の目があったという点においては、たしかにすごいと思いますが、それだけですごい人間なのかというと疑問です。 

 

すごくない人が人気者ビジネスをする方法。

何の取り柄もない人は、人気者になれません。

人気物ビジネスをやるためには、多くの人に自分はすごい人間なのだということを認めてもらわなければいけません。 

しかし、何もすごくない人が手っ取り早く人気者ビジネスをする方法があります。

それは、自分が稼げる人間、お金持ちな人間であることをアピールすることです。

例えば、

「月々いくら稼ぎました!」

とか

「年収◯◯万稼ぎました!」

など。

 

稼いでいるアピールをすると、人は簡単にすごい人間なんだということを認めてくれるようになります。

特に会社勤めではなく、個人事業主、フリーランスとして稼いでいればポイントが高いです。

確かに、個人で稼ぐことは難しいですが、世間一般の人が思っているほど難しくありません。

また、一時的に稼ぐことはできても、ずっとその事業で稼ぎ続けることができるかというと怪しいものです。

 

お金を稼いでいること自体も偽装することもできます。

数字をごまかして稼いでいる風に見せることもできます。

例えば、全然利益は出ていないのに年商の数字だけアピールするなど。

SNS上で、高額な時計を見せびらかしたり、高級なホテルに泊まった写真をアップしたりしてお金持ちアピールをするのも手でしょう。

最悪、稼いでいるアピールは、嘘をつくこともできます。

 

 

お金持ちアピールを利用した人気者ビジネスは、雪だるま式に増やすことができる。

この人気者ビジネスの良いところは、人気者ビジネスで稼いだお金をさらにお金持ちアピールをすることに使えるということです。

お金持ちアピールをする人気者ビジネスでお金を稼げる更にお金持ちになる更にお金持ちアピールができる

このようなループでどんどん人気者ビジネスを大きくしていくことができます。

 

YouTubeのプレゼント企画は、お金持ちアピールの一環である。

最近、流行りのYouTubeのプレゼント企画ですが、上位のYouTuberほどかなり豪華なプレゼント企画を開催しています。

 単純に登録者数を増やすというメリットもありますが、人気者ビジネスとしても利用されています。

これだけ豪華なプレゼント企画ができるほど稼いでいるのだから、あのYouTuberはすごい人なのだと思わせたいのです。

 

Twitterのフォロワー、YouTubeの読者数が増えればそれだけで商売ができる。

Twitterのフォロワー数やYouTubeの読者数が増えれば、それは人気者だという証になります。

そのため、TwitterのフォロワーやYouTubeの読者数だけで商売ができるようになります。

YouTubeの企業案件なんかは、読者数がかなりモノを言うそうです。

すごくない人でもフォロワー数、読者数を増やすことができればそれだけで商売をすることができます。

 

人気者ビジネスでアコギな商売をしている人に気をつけよう。

このように、本当はすごくないのにすごい人に見せかけて人気者ビジネスをしている方がいます。

自分のことをすごいと認めてくれている人達から、VALUやコンサルなどで搾取するようなアコギな商売もしやすくなっています。

 

本当にすごい人なのかどうなのかは、各々個人が正しく見極めなければいけません。

すごい人なのかを、お金持ちアピールとTwitterのフォロワー数やYouTubeの読者数だけで判断しないほうがいいです。

特に、お金持ちアピールを利用した人気者ビジネスをしている人には要注意です。

本当はすごくないからお金持ちアピールをして人気者ビジネスをしているからです。