読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

30歳からの敗者復活戦

気になるニュースから、お金の稼ぎ方まで。30歳で派遣を首になった無職が独自の視点で語ります。

大田区の渡辺病院の治験バイトに参加した体験談・感想・評判。治験バイトの実態を教えてあげる。

無職の治験講座

スポンサードリンク

こんにちは

無職のうさぎたんです。

 

大田区の渡辺病院で治験に参加してきました。

参加期間は、10日間×2です。

貰えた金額は、36万円です。

1期で退院時に、6万円手渡しでもらえて

残りは、二期退院してから一週間後に銀行振込で貰えました。

 

そしてお金が振込されてました\(^o^)/

f:id:tusagi:20161229120126p:plain

無職に身分としてはかなり嬉しい!!

ちなみに、治験中はブログを始めとする別の仕事をしていました。

食費も浮きます。

学生はフリーランスの人には最適だと思います!!! 

下の治験から申し込みできます!

 

今回、その実態が気になる方がいたのでその感想を発表したいと思います。

 

f:id:tusagi:20161229120809j:plain

 

環境があまりいい病院ではなかった。 

この病院ですが、あまりいい病院ではありませんでした。

しかし、今回のような長期の治験は、数回しかやったことがありません。

他の病院との比較が不十分です。

よって、この病院であった事実だけを羅列します。

 

・シーツを替えない(10日間)

・ベッドと布団が古く清潔感がない。

・ベットが硬い。

・建物が古く、全てにおいて清潔感がない。

・換気扇の音がきになり、よる眠れない

・手首に外れないタグみたいなものをつけさせられる。(煩わしかった)

f:id:tusagi:20161229110917j:plain

・シャワーのお湯の出が悪い

・狭いボロい机で、4人ぎゅうぎゅう詰めの状態で飯を食わなければいけない。

・400円くらいのオリジン弁当。

・Wi-Fiは一応用意されているがかなり繋がりにくい

・寝間着、タオル、スリッパを持参しなければならない。

・洗濯機が昭和感が漂うほどの古さ。

・洗濯機を使うのに1回100円かかる。

(「洗濯機は4日以降しか使ってはいけない」という張り紙が貼ってある。

本当に使っていけなかったのは不明。)

・乾燥機がない。

・ハンガーが足りない。

・談話室がない。(廊下みたいなところに机が6つほど置いてある)

・漫画は、一応置いてあるがラインナップはかなり少ない。

・17インチほどの小さなテレビしか置いてない。

・室内は、寒く感じる(私だけかも) 

・長期治験なのにオリエンテーション(散歩や映画鑑賞)など一切ない。 

 

この病院の換気扇の音について

換気扇の音がうるさく感じました。

ぼーーーーーーーーーーーー

という音がずっとします。

特に、私のヘッドの真上が換気扇だったので非常に気になりました。

何故か、換気扇を就寝時に消してくれる管理者と消してくれない管理者がいます。

言えば消してくれる可能性もありますがどういうルールになっているのかは不明です。

念のためこのような耳栓を持参した方がいいかもしれません。 

 

寝間着、用意してくれないところは、いい病院ではないかも

寝間着を用意してくれない場合、荷物が非常にかさばります。

このような病院は、その他の環境もよくない事が多いような気がします。

そのような病院は、治験者のことをあまり考えていない病院だともいえます。

治験を決める目安として考えてもいいかもしれません

 

無線LAN(Wi-Fi)について

Wi-Fiは用意されていますが非常に繋がりにくいです。

全く期待できません。

運営側もそれは把握しているようで説明会で

「繋がりにくくても責任はもてません」

みたいな事を言っていました。

ネットが快適にできるかどうかは、治験の入院生活では非常に重要です。

Wi-Fi端末は、絶対にレンタルした方がいいです。

端末によっては、一日何ギガまでという制限がかかります。

なので、端末は、慎重に選んだほうがいいです。

私は、楽天でこの端末を30日間レンタルしました。  


 

 

 

この端末ですが、10日間で76GB近く使いましたが速度制限は、全くかかりませんでした。

(月またぎで20日間で150GBくらい使いましたがもちろん制限はかかってません。)

f:id:tusagi:20161229103851j:plain

ほかの治験者の方もこのタイプのルーターを使っていました。

 

 

レンタルプランは、1日の短期から一週間、二週間、30日間など選べます。

治験期間によって適切なプランを選んでください。

私は、30日間のプランを選んで1日延長しました。

 

多少高めですが、快適さのことを考えるとこのルータは本当におすすめです。

アマゾンプライムビデオやYouTubeで動画もたくさん見ましたがとても快適でした。

 

 

Wi-Fi端末のレンタルは以下のような流れになります。

注文する端末が宅配で届くレターパックでポストに返却する。

注意点が一つ。

宅配で受け取れなくなった場合、悲惨なことになります。

必ず受け取れるようにしましょう。

私は、入院の前日からの利用にしました。

 

治験の入院以外でも、引っ越ししたばかりでまだネットが繋がらない場合や、旅行先なんかでも使えると思います。

お正月シーズンやGW、盆などは、かなり注文が殺到してレンタルしにくいみたいです。

早めに注文しておくことをおすすめします。 

 

寒い!

この病院ですがかなり寒く感じました。

私が寒がりなだけなので、寒く感じたのは私だけかもしれません。

エアコンの温度は、23度に設定してました。

ここまで寒かった病院は、過去なかったです。

深夜は特に寒かったです。

この寒さのせいなのか風邪をひいたと思われる人がいて、飯を食う時となりで咳をゲホゲホしていたのが気になりました。

 

ここで小ネタです。

朝、医者や看護師がいる診察室に移動して、診断したり採血します。

医者のいる診察室だけ、エアコンの温度が27度の設定してありました。

腹がたちました。

 

病院の環境によって、ホテル、刑務所くらいの違いがある。

治験の病院によって、環境に雲泥の差があります。

ホテルか刑務所くらい快適さに違いがあります。

 

 

数日だけの短期治験なら、まだ我慢できるかもしれませんが

今回のような10日間くらいの長期治験だとかなりしんどいです。

更に私のように、治験中、仕事をする方もおられるともいます。

病院の環境が悪いと仕事が捗りません。

 

勉強できる部屋があるかどうかも重要です。

渡辺病院は、ボロい机が6つほど用意されていましたが、席が埋まっている事が多かったです。 

机で勉強できる時はかなり限られてました。 

このような環境では仕事が捗りません。

私は、治験中ブログを書いてお金を稼ごうと思ってました。

しかし、精神的にきつくなってつまらない記事しか更新できませんでした。

 

blog.gyakushu.net

 

ホテル並みに快適だったのは、墨田病院です。

墨田病院は、全てにおいて完璧でした。
但し、協力費は安いとききますね。

私はそれほど協力費の相場に詳しくはないのでわかりませんが。

www.rinsho.or.jp

 

治験者は、病院を選ぶ権利がある。 

今回の病院は

「治験はバイトなんだから、多少のことは我慢しろ!」

というような印象を受けました。

洗濯機を使うのに100円かかる病院ってここだけだと思います。

(施設でそうなっているなら仕方ないが、だったら洗濯代として300円くらい渡せよって思う) 

治験がバイトかどうかはさておいて、

治験者は、病院を選ぶ権利があります。

劣悪な環境の病院は、申し込まなければいいだけです。

 

治験で入院中はアマゾンプライムビデオがおすすめ!

治験中は、ほぼアマゾンプライムビデオを見てました。

アマゾンプライムのビデオが見放題です。

年会費は、3,900円です。

月々に換算すると300円ちょっとです。

かなり安いです。

暇つぶしには最適です。

30日間は、無料体験できるので、入院期間を狙って申し込んでみるのもいいと思います。

 

 

ビデオをみるには、モバイルWi-Fiが必須です。

 私は、楽天で以下の端末をレンタルしました。


 

 

 

まとめ

Wi-Fi:あり(繋がりにくい)

飯:まずい

ベッドの過ごしやすさ:非常に悪い

ベッド以外の机のある部屋:一応あるが、ボロい小さな机しかない。

協力費:退院後、1週間後に銀行振込

 

治験のバイトは以下のページから申し込みできます!

 

 

 

こちらの記事もどうぞ。 

blog.gyakushu.net