30歳からの敗者復活戦

気になるニュースから、お金の稼ぎ方まで。30歳で派遣を首になった無職が独自の視点で語ります。

プレミアムフライデー考えたやつ、馬鹿なんじゃないか?

スポンサードリンク

おはよう。

プレミアムな毎日を送っている。

無職のうさぎたんです。

プレミアムフライデーの公式サイトがあったので見てみました。

premium-friday.go.jp

案の定、お役所が考えるような薄っぺらいサイトになっていました。

私は、半年ほど前に派遣社員をやっていて派遣切りされて無職になりました。

このプレミアムフライデーについて、思うことがあったので記事にしたいと思います。

目次

 

プレミアムフライデーは上級国民しか得しない制度である。

プレミアムフライデーを実施するのは、殆どが公務員と大企業です。

上級国民と呼ばれている人達です。

なぜ、恵まれている人達を更に豊かにしなければいけないのでしょう?

金曜日の午後は、ショッピングをしたりディナーに行ってプレミアムな体験をしようと呼びかけています。

サービス業(アパレルや飲食合など)は、時給で低賃金で働いている人達によって成り立っています。

そのような業界は、人不足です。

人不足な理由は、きつくて低賃金だからです。

その低賃金で働いている人は、金曜日の午後はただ忙しくなるだけでしょう。

これ以上、強者を優遇し弱者を苦しめて何が楽しいのでしょうか?

 

ロゴが激似!プレミアムモルツのステマなんじゃないか?

ロゴがプレミアムモルツに非常に似ています。

premium-friday.go.jp

 

文字のフォントと背景の色がプレミアムモルツとそっくりです。

プレミアムモルツの写真も掲載されたプレミアムフライデーの広告がありました。

このことから、サントリーに許可は、とっているんだと思います。

これは、サントリーのプレミアムモルツのステマではないでしょうか?

税金の無駄遣いにより、特定の企業の特定の商品をステマするなんておかしいでしょう。

天下りのこととかニュースになっていますがこの事業についても勘ぐってしまいます。

headlines.yahoo.co.jp

 

ロゴは誰がデザインしたのか気になって調べてみましたがでてきませんでした。

東京オリンピックのエンブレム問題、佐野研二郎氏の件もあるので、あえて非公開にしているんだと思われます。 

 

YouTubeの動画を見てください。


ジャニーズを使って、プレミアムという単語を入れれば流行ると思っているんでしょう。

いかにもお役所が考える発想です。

例によってYouTubeではコメントできなくなってます。

ジャニーズには、かなりのお金が支払われたでしょう。

そして、この事業は、博報堂に委託されています。

博報堂も、この事業によりかなりお金が流れていることが推測できます。

この事業は、税金の無駄遣いにより一部の人達を儲けさせる事業だと思います。 

 

スポンサーリンク
 

なぜ金曜日にしなければいけないのか?

なぜみな一斉に金曜日の午後早上がりしなければいけないのでしょう。

飲食業やアパレルは、金曜日の午後だけ、忙しくなります。

企業ごとに曜日ずらしたほうが、合理的です。

みな、働いているときに休めるのがプレミアムな体験になるんじゃないでしょうか。

みんなで一斉に同じことをさせる。

これもお役所的な発想ですね。

 

時給で働いている弱者をまず優遇しろ!

金曜日の午後は、時給で働かされる人達にとっては、屈辱的な日になるでしょう。

私も派遣社員をやっていましたが正月盆GW関係なくシフトで働いてました。

正月は時給が若干上ったくらいで休それに見合った賃金だとは到底思えませんでした。

ただでさえ生活できるのがやっとの給料です。

まとまった休みをとると生活ができなくなります。

そういう人達のために、時給50%アップするようなプレミアムな日を作るべきです。

人手が足りないから、外国から労働者を受け入れるなんてことを言い出しそうで怖いです。

 

プレミアムフライデーは、奴隷国家洗脳プロジェクトの一環である。

私はこのプレミアムフライデーからこのようなことを思いました。

国はこのようなことをいいたいのでしょう。

惨めな人にはなりたくないでしょう

だったら国の言うことをききましょう

国の言うことをきく都合のいい人達をたくさん作りたいのでしょう。

 

その一方で、国(厚生労働省)は、このような恐怖の動画を公開しています。

 

この動画では、コンビニバイトは、悲惨な目にあい、あたかも、正社員のほうが幸せだという洗脳を植え付けています。

恐怖を植え付けるのは、代表的な洗脳の手法の一つです。

 

よく考えてみてください。

何が自分にとって幸せだと思うかは人それぞれでしょう。

それに、収入を得る方法は、バイトや正社員以外でもいくらでもあります。