読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

30歳からの敗者復活戦

気になるニュースから、お金の稼ぎ方まで。30歳で派遣を首になった無職が独自の視点で語ります。

無職が語る女性の問題について。

無職の日記 広告不要

スポンサードリンク

こんにちは

無職のうさぎたんです。

 

僕はこの記事を書くことを戸惑いました。

それは、女さんを非難していると思われる可能性があるからです。

女さんは、多分全人口の半分くらいいます。

その女さんを敵に回すことになると今までの炎上騒ぎどころではないほどの火がつく可能性があります。

 

但し、これは僕のことについて語る雑記ブログです。

僕にとって「女」はとても重要な要素を含んでいます。

それを避けることは、ウソをついているような気がしました。

 

そして、これから語ることは僕だけではなく、男なら悩んでいることだと思います。

それなのにもかかわらず、ほとんどのブロガーは、女性を敵を増やしたくないので語ることを避けているように思います。

 

言っておくと僕は女性に敵対する気はないです。

それに、僕が女について満たされることができたならきっと充実した人生を送ることができるでしょう。

 

男の悩みの7割は女について

男の悩みの7割は女についてです。

 

町中でかわいい女を見るたびにこう思います。

これまでの男性経験はどうだったんだろう

付き合った男はどんなんだんだろう。

その男の年収はいくらなんだろう。

などなど。

 

ヤフーニュースで芸能人同士の結婚がトップページで取り上げられています。

こういうのを見て知らない女であれば調べてしまいます。

zasshi.news.yahoo.co.jp

この御伽ねこむという人間はどれほどかわいいのかもすぐに調べました。

 

 

そして、その女を見るたびに現実に叩きのめされます。

30歳無職の男は絶対付き合うことができないという現実。

 

このような状況は、飢えている人間の前に、絶対に食べることができない美味しそうなステーキを並べられているようなものです。

それならいっその事、並べないで欲しい。

そうすれば現実を忘れることができる。

女という存在自体消えてしまった世界のほうがむしろ楽に生きられるのではないか。

そう思ってしまうくらい日々、精神的な苦痛を受けています。

 

男は、外見より中身よりもカネ

 

人間、外見より中身だよ。

 

なんてどこかできいたことがある言葉です。

男は違います。

男は、外見より中身よりも経済力です。

カネがない男は存在価値がないと言われているのと同じです。

 

しかし、男は経済力だよね

なんて、堂々という女は少ないでしょう。

 

しかし、婚活サイトや街コンなどで一番重要な要素は年収ではないでしょうか。

街コンでは、年収何百万以上限定のイベントが開催されています。

 

プロ野球選手はいい例です。

有名なプロ野球選手は、大体かわいい女と結婚しています。

つまり、男はカネで女は顔なのです。

これが現実です。

 

女のことで被害を受ける可能性。

ハマってはいけないことで、女、酒、タバコ、ギャンブルとあげられます。

 

女の遊びで人生台無しになったことはたくさんいるでしょう。

女の遊びの代表、風俗、キャバクラ、クラブなどは、とても高額な遊びです。

(※これは女側としてもホストにハマってしまう人もいるのでお互い様だと思います。)

これの厄介なところは、貧乏人ほどモテないのでそれを解消するために高額な料金を払って遊び、更に貧乏になってしまうというループを繰り返してしまうことです。 

 

そして、その遊びは一瞬しか味わえません。

その遊びの向こうには、金銭的に苦しい生活と、モテないという現実というのが待っています。

 

女の浮気についてもそうです。

女に浮気された事がある人もいるとおもいます。

大体、自分よりも経済力が高い人間だったりします。

そのような場合、自分の未熟さを痛感し、精神的な苦痛をうけることになります。

(※ただし、男のほうが浮気はするとおもうのでお互い様だと思います。)

 

女のせい!?このブログの存続を脅かされる?! 

このブログは私の唯一の希望であり、かけがえのない未来です。

そのブログがある日、脅かされようとしたことがあります。

アイドルの水着の写真を紹介したところアドセンスから

「性的コンテンツ」

とみなされ、アドセンスの利用停止の警告が来たからです。

 

女は、水着の写真を載せただけで広告を剥がされてしまうほどの魔力を持ち合わせているようです。 

しかし、これは、そもそも、私がアドセンスのポリシーについて理解していなかったのが元凶なので、全ては私のせいです。

 

こちらの記事もどうぞ。 

blog.gyakushu.net