読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

30歳からの敗者復活戦

気になるニュースから、お金の稼ぎ方まで。30歳で派遣を首になった無職が独自の視点で語ります。

派遣会社からの【要返信】就業状況確認メールがうざい件。

スポンサードリンク

おはよう。

無職を貫く男こと

無職のうさぎたんです。

 

月数回、登録している派遣会社からメールが来ます。

 

だいたいメールの内容は、「【要返信】就業状況確認」。

これ、お祈りメール並にうざいと思うんです。

今回、そのことについて、書いていきたいと思います。

 

【要返信】就業状況確認メールがうざい理由。

大体、このようなメールの内容は以下のような感じです。

・今、働いているのかどうか就業状況をメールで返信しなければいけない。

・応募多数ですぐ募集締め切っちゃうかもよ?的な文章で今、紹介できる仕事を紹介してくる。 

 

まず、言いたいこと。

なんで会ったこともないような赤の他人に、今の就業状況を定期的に報告しなければいけないんでしょう。

働きたいと思ったらこちらから連絡するものでしょう。

しかも、派遣切りされた会社からもメールが来ることもあります。

どうせ、くそ安くて、スキルアップや将来性も見込めない仕事しか紹介してくれないのでしょう。 

 

電話もかかってきます。

就業状況どうですか?

っと。

いやいや、仕事探してたらこっちから連絡するから。

なんで、いちいち電話してくるんだよ。

 

出ないと留守番電話でこんなメッセージが入っています。

「現在の就業状況をお聞かせ願いたいので、折り返しお電話ください。」

 

なんで折り返し電話しなきゃいけないんだよ。

こっちは無職で忙しいんだよ!

 

赤の他人に、プライベートなことを返信要で連絡してくるのって失礼だと思いませんか。

しかも、私は弱い立場なので返信しないと、今後の仕事探しで不利になるからな!的なプレッシャーを感じます。

 

お祈りメールにしてもそうなのですが、雇用する側は就活している人をかなり下に見てますよね。

このためか、赤の他人なのにも関わらず要返信させようとします。

本来であれば、対等な立場のはずです。

 

殆どの派遣会社がこんな感じだと思います。

悪い印象しかもたないのでやめていただきたいです。

 

こちらの記事もどうぞ。

 

blog.gyakushu.net