読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

30歳からの敗者復活戦

気になるニュースから、お金の稼ぎ方まで。30歳で派遣を首になった無職が独自の視点で語ります。

30歳無職が人間嫌いになった理由。

無職の日記

スポンサードリンク

こんばんは

最近、人と話していない。

無職のうさぎたんです。

 

告白します。

私、人間が嫌いです。

と言うと、語弊があるかもしれませんが、過去に色々あり、対人恐怖症かもしれません。

派遣社員時代は、普通に働けてたので、社会で生きていくためには、支障がない程度かもしれません。

ただ、今は、友達もいないし、もちろん彼女もできない状態です。

もしかしたら、生きていく上で支障が出てるかもしれません。

そんなわけで、私が人間が嫌いになった理由を語ってみたいと思います。

 

始まりは、小6の頃、クラスの仲間はずれにされたことから

大体、人間嫌いになる出来事って子供の頃が原因だったりするんですよね。

だいぶ前になりますが、

小6の頃、クラス替えで仲の良い友達が一人もいなかったんです。

 

しかもクラスの男子は、私以外、全員仲がいいという地獄のような状態でした。

そして、私一人を除いてみんなで休憩時間ドッチボールをやっていたんです。

このことについて、クラス会議が開かれました。

先生は、私一人だけ仲間はずれになっているのが嫌だったようです。

その結果、私もそのドッチボールに参加せざる負えない状況になってしまいました。

 

中学時代は、部活が大変すぎて友達付き合いとかどうでも良くなってた。

小学生のあの出来事からあまり人と関わりたくないという思いが強くなってました。

小学校卒業後、中学の部活は、野球部でかなり大変でした。

私の家は、学校から徒歩30分歩かなければいけない距離で、自転車通勤は認められていませんでした。

朝練のために朝5時半に起きて、帰宅するのは、夜の20時頃。

22時には寝てました。

それでも寝足りずに、休憩時間は、ほぼ机に伏せて寝てました。

 

高校時代、部活でいじめ?みたいな苦痛を受ける。

高校自体は、バドミントン部でした。

明確ないじめとは言えないのですが、

同級生のリーダー格の人からいろんな嫌がらせみたいなのを受けました。

その結果この部活でも、小学生と同じような仲間はずれをされ、かなり苦痛な日々を送る結果となりました。

部活は、高校2年のときにやめてしまったんですけどね。

 

大学時代は無難にこなす。

大学生の頃からすでに私は、友だちと遊ぶのはなにが楽しいんだろう。

嫌われたり、仲間はずれにされるのが怖い。

という感覚に陥ってしまい。

とにかく人とかかわらないように、大学時代は、生活していました。

 

派遣社員時代 

学生時代はさんざんだったので自分は、欠陥人間だと思ってました。

派遣社員として、働いてみると普通に働けたので、少し自信が持てました。

それに、派遣社員で働いているときは、一緒に楽しく話せるような人はいたので、学生時代よりはマシになりつつあります。

 ただし、今までの苦い経験から、人とトラブルになるようなことは極力避けたいと思っています。

人見知りなのは確実です。

 

こうなってしまったのは、やはり子供のころの体験が原因だと思います。

子供の頃に受けたトラウマっておとなになっても癒えないものなんですね。

 

こちらの記事もどうぞ。

blog.gyakushu.net