読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

30歳からの敗者復活戦

気になるニュースから、お金の稼ぎ方まで。30歳で派遣を首になった無職が独自の視点で語ります。

ブックオフ業績悪化で赤字に!元せどらーがブックオフの今後を予想。

せどり・転売

スポンサードリンク

こんばんは

ブックオフの店内で流れてるラジオみたいなやつが気になる。

無職のうさぎたんです。

 

ブックオフ、業績が悪化しているようです。

toyokeizai.net

 

中古家電の販売買取をはじめたり、ヤフオクに出品したりと色々と試行錯誤しているのが伺えます。

元せどらーで今、転売も少しやっている無職が今後ブックオフはどうなってしまうのか語ってみたいと思います。

 

情弱を相手にした商売はますますきつくなりそう。

誰でも個人でヤフオクやメルカリなどで出品して売れる時代です。

ブックオフで買い取るしてもらうよりも自分でヤフオクで出品したほうが必ずと言っていいほど高く売れます。

このことはかなりの人に浸透していると思われます。

今後もヤフオクやその他のサービスの登場により更に知れ渡ることは間違いないです。

なのでブックオフで買取を依頼する人は、情弱かもしくはめんどくさがり屋かのどちらかです。

 

 

書籍以外はかなり苦戦を強いられそう。

ゲーム・家電のジャンルは、需要がある商品が多いのでヤフオクに出品するとすぐに売れます。

なのでわざわざブックオフに買取ってもらう必要性はなくなります。

中古家電は、ものによっては、ヤフオクに出品するよりもブックオフに持っていくことのほうが手間がかかります。

中古家電事業の失敗は、これが原因だと思われます。

 

ゲームに関しては、ソフトよりもDLで購入することが今後も増えると予想されます。

ゲーム会社側としては、中古品が出回ると

利益が出なくなるのでDL販売しかできなくなるような仕組みになるかもしれません。

 

また、CDに関しては、アーカイブ化が進んでおり、昔販売された商品もAmazonなどでダウンロードで購入できるようになっています。

 

唯一、生き残れそうなジャンルは書籍です。

書籍は、ヤフオクなどでは売れにくい商品も多いです。

なので、ブックオフで買取してもらいたい人は結構いると思います。

アーカイブもされにくいので、今後は主戦力になるのでは予想しています。

ただし、書籍は、店舗だと欲しいものが手に入りにくいというデメリットがあります。

Amazonの登場によって、欲しいものはAmazonのほうで簡単に手に入ります。

このジャンルでも苦戦が強いられそうです。

 

今後、ブックオフはどうしたらいいか。

Amazonマーケットプレイスのような中古商品を売買できるサイト、プラットフォームを作ることをすすめたいです。

Amazonマーケットプレイスはヤフオクと違って商品ごとにページがありそのページに出品できます。

このようなサービスは、Amazon以外ではありません。

売れにくい書籍などは、ヤフオクで出品するよりも商品ページに出品したほうが、

商品を探しやすくSEO的にもかなり優位になり、高く売れやすいです。

 

Amazon・マーケットプレイスでは、手数料が15%と法外と思えるくらい高い手数料をとっています。

この手数料よりも安い価格に設定すれば、ニーズはかなりありそうです。

 

更には、ブックオフの店舗に売りたいものを持っていけばお店が在庫管理と発送管理もしてくれて価格はユーザが決めるというサービスも行ってほしいです。

Amazon FBAみたいな感じですね。  

しばらくしても売れない場合は、ブックオフで買取ってもらうサービスも行えば、更に良いと思います。

 

こちらの記事もどうぞ。

 

blog.gyakushu.net