読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

30歳からの敗者復活戦

気になるニュースから、お金の稼ぎ方まで。30歳で派遣を首になった無職が独自の視点で語ります。

検索機が置いていない不便な本屋は潰れればいいと思う。

無職の日記

スポンサードリンク

こんばんは

本は読まないけど本屋に行くのは好き。

無職のうさぎたんです。

 

今日、とある事情で、岡 映里さんの境界の町でという本を立ち読みしようと思い、近所の本屋に行ってきたのですよ。

 

境界の町で

境界の町で

 

 

結構な大型書店なのに検索機がおいてないんです。

この本がどういうジャンルに属しているのか検討がつかないんですよ。

そもそもこの本自体が、置いてない可能性が高いです。

色んな所見て回ったのですが、結局見つけられませんでした。

 

店員さんに聞くという方法もあります。

しかし、立ち読みが目的なので、わざわざ探してもらうのも申し訳ないです。

 

Amazonではなく、わざわざリアル店舗の本屋にいく理由。 

私がAmazonではなく、本屋に行く理由は一つあります。

それは、

欲しい本があった場合すぐに購入することができるのと。

立ち読みができるということ。

 

これがリアル店舗のいいところだと思うんです。

私は、目的の本は、Amazonのレビューを見たりして大体決まっている事が多いです。

もし、検索機がおいてなかった場合は、どのコーナーにおいているか予想して探し回らなければいけません。

しかも、在庫がない可能性のほうが高いです。

探しているときは、、本屋は潰れて欲しいくらいの苛立ちを覚えます。

 

Amazonのほうが在庫が豊富ですし、中古品も買うことができます。

新品のものは、送料も無料なので値段もリアル書店と変わりません。

ただでさえ、Amazonよりもリアル店舗のほうが利便性が劣っています。

だったら、Amazonでポチるわ

こういう心境になってしまいます。

 

 ちなみに、紀伊国屋では、ネットでもリアル店舗に在庫があるかどうか調べることができるようです。

www.kinokuniya.co.jp

 

 紀伊国屋を他の書店も見習って欲しいところです。

 

 こちらの記事もどうぞ。

blog.gyakushu.net