30歳からの敗者復活戦

気になるニュースから、お金の稼ぎ方まで。30歳で派遣を首になった無職が独自の視点で語ります。

ブックオフのせどりで、儲かったバンドスコアと楽譜を暴露しよう。

スポンサードリンク

こんばんは、

いつ起きていいかわからない。

無職のうさぎたんです。

 

ブックオフのせどりの記事の反響が大きかったので、

今回は、バンドスコアというジャンルに絞ってで紹介して行きたいと思います。

 

ただし、3年くらい前なので、

今はかなり価値が下がったものも、含まれます。

その当時、仕入れた価格と売った価格を記載してます。

 

しかも、バンドスコアというジャンルは、

どういう傾向があるのか、

分析もいれていきたいと思いおます。

 

私は、今ブックオフせどりをやっていないので

惜しみなく暴露できます。

こういう情報は情報商材で売っているものだと思います。

 

普通の無料で見られるブログでは、

なかなかないと思いますよ。

 

バンドスコアについて

バンドスコアは、有名アーティストの場合、毎年一定の需要があるため、

品切れになりやすくプレミアになっている事が多いです。

なのでかなり狙い目の商品です。

 

ものすごくプレミアになっているものは、

要望が多く再販される可能性もあるので、

仕入れてしまったら、出来たら早めに売ってしまいたいところです。

 

 

過去バンドスコア・楽譜で儲かった商品

バンドスコア ZARD BLEND 2,000円→8,000円

 

バンドスコア ZARD  BLEND (Official Band Score)

バンドスコア ZARD BLEND (Official Band Score)

 

なんとなく普通のバンドスコアに見えるのですが、

なにげに価値があった本です。

発売日がなんと1998年と20年前近いにも関わらず、一定の需要があるため

プレミアになってる商品です。

その他にも、 ZARDは 永遠 というオフィシャルバンドスコアもだしていて

それも今は、5,000円くらいしてますね

 

  

バンドスコア 川本真琴 1,000円→4,000円

 

バンドスコア 川本真琴/川本真琴 (バンド・スコア)

バンドスコア 川本真琴/川本真琴 (バンド・スコア)

 

 

何故か近所のブックオフで2〜3冊くらい見つけたスコア。

今は、2,300円くらいとかなり価値が下がってしまいました。

転売あるあるなのですが、価値がある本だという事がわかり

私も売りたい って人が日に日に増え

次第に価値が下がってしまうなんてことはよくあります。

わかりやすい例だと

プレミアで有名だった菅野美穂の写真集で、

今では2,000円くらいで取引されているみたいです。

 

 

ギタースコア MR.70’S YOU SET ME FREE/Char 2,000円→7,000円

 

コンプリートギタースコア MR.70’S YOU SET ME FREE/Char (コンプリート・ギター・スコア)

コンプリートギタースコア MR.70’S YOU SET ME FREE/Char (コンプリート・ギター・スコア)

 

 私は、ブックオフで価格を調べるときの商品を決めるとき

表紙を見て決めます。

その決め方は、個性があり、マニアックそうなもの。

その代表的な本がこちらです。

この本、かなり個性がある表紙だと思いませんか?

しかも、Charというギターリストのおじさんは、

何故か、他の本も何故か軒並みプレミアになってます。

このおじさんの本を見かけたらラッキーかもしれません。 

 

現代音楽の記譜 3,000円→20,000円

 

現代音楽の記譜

現代音楽の記譜

 

 

バンドスコアではないのですが、専門書みたいです。

こういう専門書は、Amazonで高くで売られていても、本当に売れるのかどうなのか

わからないものが多いです。

1~2年に一冊しか売れないようなものもあります。

私が売れるか判断するときは、主にAmazonのランキングを見たり、

またヤフオクの過去の相場を見ています。

その他にも判断材料にしている指標はあるのですが、

それは、かなり細かいので

ここでは控えます。

この本が売れるかどうかは微妙だったのですが、

売れて良かったです。

 

バンドスコア以外でもそれぞれジャンルに傾向があり、

分析して儲かったジャンルは色々あります。

別のジャンルもまた気が向いたときにやりたいと思います。

 

世界一やさしい  Amazon せどりの教科書  1年生

世界一やさしい Amazon せどりの教科書 1年生

 

 

もしよかったらこちらの記事もどうぞ。

 

blog.gyakushu.net