読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

30歳からの敗者復活戦

気になるニュースから、お金の稼ぎ方まで。30歳で派遣を首になった無職が独自の視点で語ります。

Amazonのクレーマー客が警官を連れて自宅まで押しかけられた話。

せどり・転売 無職の日記

スポンサードリンク

こんばんは

こんな時間に起きてしまった。

無職のうさぎたんです。

 

私は、Amazonマーケットプレイス出品アカウントでAmazonに色々出品しております。

だいぶ昔の話なのですが、そのAmazonマーケットプレイスの客でトラブルになったことがあります。

今回は、その時の話をしてみたいと思います。

 

Amazonのクレーマー客が何故か警官までつれて自宅まで押しかける。

Amazonの客で、新品の商品で開封したら商品が思っていたのと違っていたので、返品して欲しいというクレームが入りました。

確か、6万円くらいの商品だったと思います。

新品を開封したものは、中古品という扱いになってしまうので、返品返金は受け付けられないと返信しました。

しかし、勝手に着払いで開封済みの商品が送られてきて返品を要求されました。

返金しない旨メールで送ったところ、数日たって、夜の20時頃インターホンが鳴ります。

インターホンの電話を出ると、怖い声でこう言われました。

客「Amazonの注文したものだがでてきてくれる?

クレーマー客が自宅まで押しかけてきました。

私「え?でれないです

こういう場合、出ないのが一番無難だと直感的に判断しました。

客「警官もきてるんだけど、でてこいよ

ご近所様に聞こえるような大きな怒鳴り声でした。

警官「出てきてくれますか?

玄関の覗き穴を見ると

ヤクザのような客と警察官が二人たっています。

 

警官が家まで押しかけられると私は何か犯罪を犯しているのかという恐怖すら感じました。

これは出ないわけにはいかないと思い、玄関をでます。

すると、パトカーが1台道路に停っていました。

客「警察官も来とるんじゃ、わかってるだろ、今直ぐ、現金で返金しろ

私「返金の手続きはしますが、今直ぐ現金での返金は無理です

客「ここですぐに現金で返金しないと、ご近所様に聞こえるように喚き散らすぞ。

私「今、手持ちに現金がないので無理です。

客「サラ金で借りればいいだろ。今直ぐ一緒にATMいこう

私は警官の人に助けを求めます。

私「どうしたらいいんですか?手持ちがないので今直ぐには無理です。返金するには正規の手続きを踏んでもらわないと困ります。

警官「民事不介入ですので、二人で解決してください

 

民事不介入と言っている時点で、特に私は何らかの罪を犯しているわけではないようです。

このときは、かなり動揺していたので疑問には思いませんでしたが

そもそも、民事不介入のトラブルに、警官を一緒に連れて自宅に押しかけることなんてありえるんでしょうか?

これは、本当にあった話です。

私の経験上、警官がどちらが正しいとも言えないようなトラブルにここまで介入することはありえないと思います。

私が、ヤフオクでどう考えても詐欺だと思うトラブルについて警察に相談した時も、邪険に扱われ被害届自体も受理されませんでした。

その客と警官は、何か特別なつながりでもあったのでしょうか。

あとで、警官自体偽物だったのではと疑ったのですが、パトカーまで停っていたので本物だと思います。

詳しい方いたら教えてください。

 

結局のところ、その得体の知れない客には、すぐに返金手続きをとることで納得していただいて帰ってもらう事ができました。

 

Amazonでは、購入者がどういう方かわからず、ヤフオクのように評価も見ることができません。

なので、購入者はとても怖いです。

このようなヤクザみたいな客もいるのでもし出品されている方いましたら注意した方がいいかもしれません。 

 

こちらの記事もどうぞ。

 

blog.gyakushu.net