読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

30歳からの敗者復活戦

気になるニュースから、お金の稼ぎ方まで。30歳で派遣を首になった無職が独自の視点で語ります。

シェアハウスと一人暮らしの違いは?両方体験した僕が比較してみた。

スポンサードリンク

こんにちは

シェアハウス歴1年で

無職のうさぎたんです。

 

私は、一人暮らし、シェアハウス両方経験してきました。

一人暮らしは、都内近郊で8年位で

シェアハウスは、1年位生活してきました。

シェアハウスは、ひつじ不動産というサイトから、不動産事業者が運営しているところを選びました。

www.hituji.jp

 

総合的に考えると私は、一人暮らしよりもシェアハウスのほうが良かったと感じています。

その理由とシェアハウスと一人暮らしなにが違うのか紹介させていただきます。

 

資金面でシェアハウスはかなり有利。

私がシェアハウスに引っ越した一番の理由は、住居費用を抑えるためです。

実際のところ、一人暮らしよりも月々2万円くらい節約できています。

更新費用や初期費用、一人暮らしの物件よりも低い場合が多いです。

入居してすぐに生活できるような設備が整っています。

エアコン、洗濯機や、電子レンジ、冷蔵庫、食器なども備え付けられています。

ネットもだいたい契約されている物件が多いです。

引っ越すときも引越し先がシェアハウスの場合、身軽に引っ越しすることも可能なのもいい点です。

 

その他、一人暮らしよりシェアハウスでよかったこと。

その他、良かったことは、自分の部屋以外は、業者の人が掃除してくれることですね。

一人暮らしの場合、お風呂場とか、トイレとか、キッチンとかすべて掃除しなければいけなかったのですが

そういうのはすべて業者の人が週に2回位の頻度でやってくれています。

ズボラな私にとってはそれがとにかく楽でした。

あとは、備え付けのエアコンや冷蔵庫、洗濯機、電子レンジなどはすべて管理会社が管理しているのでもし故障した時は対応してくれます。

 

シェアハウスでデメリットだと感じること。

一番デメリットだと感じるのは、好きなときにシャワーに入れなかったりトイレに行けなかったり、料理ができなかったりすることですね。

今、私は無職なのである程度自由がきくのでそれほど不便に感じませんが、例えば出勤間際にシャワー浴びたいのに、誰かが使ってるとかそういうのは結構あります。

人それぞれ生活リズムが違うのでどの時間帯なら空いてるとか把握しながら生活してく必要があります。

 

人間関係のトラブルもつきものです。

シェアハウスにはルールを守らない方が少なからずいます。

特に私が気になっているのは騒音問題ですね。

深夜洗濯機を回すとか、目覚まし時計を早朝セットするとかいます。

詳しくは以下の記事を拝見してください。

 

blog.gyakushu.net

 

この辺は、どんな住人が住んでいるかによります。

内覧である程度、見極めることも可能なので以下の記事でまとめました。

 

blog.gyakushu.net

 

私はそれほどデメリットと感じませんでしたが、友達や彼女を部屋に呼べない物件が多いです。

あまり部屋で騒ぐこともできないのでそれもデメリットだと思います。 

 

 

シェアハウスは人間関係が煩わしくならないのか?

私は費用面からシェアハウスを選んでいるので、極力、シェアハウスの人とのコミュニケーションは避けています。

人間関係がこじれて、引っ越したいという状況も極力避けたいのでそうしています。

ドミトリーという相部屋だとそれは難しいかもしれませんが、ちゃんと一人部屋が用意されているシェアハウスはしっかりプライベート空間が確保されます。

その場合、人間関係が煩わしい人はコミュニケーションをとらないという選択もできます。

そうすれば、あんまり一人暮らししているのと変わらなかったりします。

 

シェアハウスは、どういう人がおすすめ?

とにかく住居費用を抑えたい人がおすすめです。

一人暮らしする場合、洗濯機、冷蔵庫、ネット回線の契約など最初に色々設備を揃えるだけでもかなりお金がかかります。

敷金なども、シェアハウスのほうが安い場合が多いです。

例えば、都内近郊で派遣社員で給料が少ない人は、一人暮らしよりもシェアハウスのほうがいいと思いおます。

あとは、私のシェアハウスを選んだ目的とは違っていますが、いろんな人とコミュニケーションがとりたいという人もおすすめだと思います。

  

逆におすすめできないのは、騒音がきになったり、ルールを守れない人が気になるなど、神経質な人は、厳しいと思います。

 

こちらの記事もどうぞ。

blog.gyakushu.net