30歳からの敗者復活戦

気になるニュースから、お金の稼ぎ方まで。30歳で派遣を首になった無職が独自の視点で語ります。

無職がはてなブログの記事のネタが思い浮かばないときにしていること

スポンサードリンク

どうも、記事量産系こと無職のうさぎたんです。

今月は、10月10日現在、44記事投稿してきました。

一日、4〜5記事ペースで記事を更新しています。

 

中には、どうやったらこんなに投稿できるのか?

ネタはつきないのか?

不思議に思われる方もいらっしゃると思います。

 

当然、私も、ネタが思い浮かばないときたくさんあります。

そんな私がネタが思い浮かばないときに実践していることを紹介します。

 

無職がはてなブログの記事のネタを思い浮かばないときにしていること。

一番いいのは、

記事のネタを思い浮かばないことをネタにすることですね!

 

…。

それでは根本的な解決策にならないので

それ以外でしていることを紹介します。

 

 

本屋に行く

これはまじでおすすめです。

本屋に行くと気分転換にもなりネタが思い浮かびやすいです。

色々立ち読みをしていると、ネタが浮かんできます。

また、最悪、読んだ本の感想などもネタにできますしね。

また、本屋に行くまでの間の散歩のときにもネタが浮かんでくるときもあります。

 

とにかく記事のタイトルだけを考えておく。

記事の中身は浮かばなくても、なんとなく注目を引きそうなタイトルがひらめく時があります。

そういうときは、記事のタイトルだけを作って下書き保存します。

このように作っておいたタイトルの記事の内容は、本屋へ行ったときなどにふとひらめくことがあります。

f:id:tusagi:20161010142458p:plain

 

困った時用の企画を用意しておく。

私は、困った時のために

無職の勝手にブログコンサルという企画シリーズを用意しています。

blog.gyakushu.net

 

名前の通り勝手に他人のブログをコンサルするという企画です。

この企画、好評のようで、最近は結構依頼されて作ってます。

 

このシリーズのいいところは、無制限にブログの記事を量産できるということです。

こんな感じで、困ったときに作れるようなシリーズ企画みたいなのを用意しておくのもありだと思います。

 

あとは、無理に記事を更新するのもよくないと言われているので、更新しないというのも一つの手だと思います。

私は、サボり症なので、一日4記事はノルマにしていますが。

 

というわけで、私はこれから本屋に行ってこようと思います。