読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

30歳からの敗者復活戦

気になるニュースから、お金の稼ぎ方まで。30歳で派遣を首になった無職が独自の視点で語ります。

名字「長谷川」さんが炎上する説。

気になるニュース

スポンサードリンク

最近、長谷川さんが、炎上している気がする。 

www.sanspo.com

 

www.huffingtonpost.jp

 

 

これは、もしや、「長谷川」という名字の人が炎上する傾向にあるのではないか?

 

もし、この傾向があることが、発見できれば

国として、何らかの対策ができるかもしれない。

そこで今回は、長谷川さんが、本当に炎上しやすいのか検証してみたいと思う。

  

 

過去に「長谷川」さんが炎上した事例。

 

今回、このお二人以外で、長谷川さんが炎上した例を紹介する。

 

読者には、こう思われる方もいるだろう。

過去の炎上を掘り起こすなんて、ひどいじゃないか?

ごもっともだ。

しかし、これは、炎上のメカニズムを知るための貴重な研究なので、

ご了承いただきたい。

 

 

・モデルの長谷川潤さんの例 

www.cyzowoman.com 

これは、モデル長谷川潤さんの子育て論に賛否両論が巻き起こっていて

そのことついて神田うのさんが噛み付いて更に炎上したようだ。


 

 

 

・モデルの長谷川理恵さんの例

www.cyzowoman.com

モデル長谷川理恵さんは、マザーズバッグ(お母さんが持つバッグ)としてシャネルバッグの写真をアップロードし炎上してしまったようだ。  

 

 

・アニメ声優の長谷川静香さんの例

www.j-cast.com

 

アニメ声優の長谷川静香さんが、ブログの一部のコメントに傷ついて、日記をすべて削除してしまい炎上したみたいだ。  

 

 

このようにたくさんの長谷川さんが炎上していることがわかった。

更に興味深いことに、炎上するのは、女性でしかもモデルの「長谷川」さんが多い傾向に有ることがわかった。

正直、知らいほうがいい過去を知ってしまい、罪悪感を感じてしまった。

 

しかし、ここで疑問が残る。

長谷川さんの事例を紹介しただけでは、

本当に長谷川さんが炎上しやすいのかわからないということだ。

 

佐藤さんや鈴木さん、山田さんなどなど

全ての名字で炎上した案件をカウントする必要がある。

これはかなり根気のいる作業であるし、

どこまでが炎上でどこまでが炎上でないのか線引するのも難しい。

 

 

そこで、私は、渋谷で、100人にアンケートをとることにした。

アンケートの内容は、「この中で炎上しやすい名字は、誰でしょう」ということだ。

  

結果は、こうなった。

 

長谷川  80%

山田   1%

佐藤   1% 

田中   1%

安倍           5%

トランプ 7%

 

やはり、私の予想通り、長谷川さんが炎上しやすいようだ。

 

よくテレビのアンケートででありがちな問題。

年齢層や、性別、職業など、偏っているのでないかと思われている方もいるだろう。

しかし、このアンケートに限った固有の問題がある。

 

人の印象と言うのは、思い込みによるものが多い。

つまり、今、話題になっているツートップの長谷川さんの影響で、長谷川さんが炎上しやすいと、みな思い込んでいる可能性が高いのだ。

 

しかし、私は、もう一つ、このアンケートで疑問に感じる事がある。

「トランプ」という名字にも7%票が入っていることだ。

私は、過去生きてきて、日本でトランプという人が炎上したという話は聞いたことが無い。

 

これは、もしや、今、大統領選で争っているトランプさんなのではないだろうか。

そういえば、外国人がこのトランプに投票している傾向にあったきがする。

 

いや、まてよ。

もしかしたら、このトランプというのは、本当にアメリカで、炎上しやすい傾向にある名字なのかもしれない。

その炎上の代表格が大統領選で戦っている「トランプ」さんですらある可能性がある。 

 

しかし、トランプというのは、恐らくアメリカの名字である。

このアメリカの名字のトランプさんを含めるのであれば、

全世界の名字を対象にする必要がある。

中国にリンさんから、ドイツのミューラーさんまで。

 

とても気が遠くなりそうな作業だ。

 

ん?

そもそも、各国に炎上という概念は、あるんだろうか?

炎上というのは、日本人だけの概念の可能性もある。

さらに言うと、インターネットの文化がまだねずいていない国は、炎上すら存在しない可能性がある。

 

うおあおおあおお!!!!!

 

よし、寝よう。

 

 

 

 

ここで、