読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

30歳からの敗者復活戦

気になるニュースから、お金の稼ぎ方まで。30歳で派遣を首になった無職が独自の視点で語ります。

派遣は、使い捨てだった!30歳になり3年間働いてわかったこと。

スポンサードリンク

3年間勤めていた派遣会社を首になりました。

首になった理由は、事業縮小によるものです。

わたしが働いていた部門にいた人、すべて解雇されました。

 

今回は、3年間勤めていた派遣について記事にしていきたいと思います。

 

 

入社時、都内で時給1200円、3年経って上がった時給はいくら?

 

わたしが働いた派遣の時給は1200円。

都内だったのでかなり安い方だったのではないかと思います。

 

3年間働きました。

ちなみにわたしの働きぶりですが、年に一度休むかどうかで、

特に成績も特段いいと言うわけではありませんが、悪くもなく、戦力にはなっていたと思います。

そんなわたしですが、あがった時給は、3年間働いて上がった時給は

 

40円!!

 

わたしの感覚では、やっす!!

です。

3年くらい働いたら最低100円以上は上がると思ってました。 

 

派遣の働き方は、飼い殺し

 

肝心の仕事内容ですが、詳しくはいいませんが事務作業と電話みたいな感じです。

 楽ではあったと思います。

一日の労働時間は休憩含めずに9時間くらいだったので地味に疲れは、たまりましたが。

 

給料は、手取り18万円ほど。

交通費は出なかったので実質17万円。

一人暮らしできるギリギリのラインです。

 

収入は低いけど、仕事は楽。

堕落した人間だと、ずっとそこで、働いてしまいます。

しかも、厄介なことに働いていると、社会貢献している気分になって充実感も味わってしまうんです。

そして、危機感が失われてしまう。

 

ちなみに、わたしがしていた仕事は、特段、スキルアップにつながるような仕事内容ではないです。

 

給料も上がらず特にスキルアップもできない。

長い期間、働けば働くほど同年代で正社員で働いている人と差をつけられます。

いつの間にか、負け組になってしまうんです。

 

飼い殺しをされ、いつも同じ電車に乗り、一日の大半を机に向かっていつもと変わらない同じ仕事をします。

季節感もあまり感じられません。

今年も去年も同じことをしている。

27歳から働きはじめ、いつの間にか、今30歳。

同級生の人は、自分の倍以上稼ぎ、結婚し子供もいる。

 

「いつもまに私はこうなってしまったんだろう」

 

この状態のことをわたしは、浦島太郎状態と呼ぶことにします。

 

 

派遣で理不尽だと思うこと

 

その他理不尽だと思うことをいくつかあげておきます。

再三、どこかでも言われていることなので特に説明はしません。

 

・交通費が出ない

・ボーナスが出ない

・盆休み、GW、正月休みがない

・給料が上がらない

・病気で休んだときの保障がない

 

 

それでも、私の解は、「正社員で働くこと」ではない

 

何事も、こうなりたいと思う目標に向かわなければ、楽しくないし、やる気も出ないと思うんです。

少なくとも私は、結婚し子供も作れるような同年代と同じ給料がほしいです。

具体的には、年収500万以上でしょうか。

今現在、30歳、今から仮に正社員になったとして、40歳になっても実現は、厳しいのではないでしょうか。

 

30歳になった私は、会社に務めずに働くという解を求め、活動していきたいと考えています。